昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「投資哲学のすべては父から学んだ」村上世彰の『生涯投資家』がコミックに

父親から「100万円のお小遣い」を手にした少年は……

「村上ファンド」を率いて、平成の日本市場に旋風を巻き起こした村上世彰(むらかみ・よしあき)さん。その波瀾万丈の半生と投資理念のすべてを綴ったベストセラー『生涯投資家』がコミック化されました。

幼い頃からお金と向き合うことの大切さを伝えるため

 

 東京スタイル、阪神電鉄、ニッポン放送への巨額投資で株式市場を席巻し、「物言う株主」と呼ばれた村上さん。2006年、ニッポン放送株をめぐるインサイダー容疑で逮捕された後、表舞台から一切姿を消しました。

 約10年の沈黙の後、シンガポール在住の投資家として株取引の世界に復帰します。そして、幼い頃からお金と向き合うことの大切さを伝えるため、全国の学校で「お金の授業」を始めました──。

 

 小さい頃からお金が大好きで、預金通帳の数字が増えるのを見るのが楽しみだった村上さん。彼が尊敬するお金の先生は、投資家である父でした。