昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

いま、韓国のソウルで「旭日旗居酒屋」が大繁盛している件

クロダ記者が駆けつけると、入り口には“あの新聞”のデッカイ看板が……!

2019/10/16

若いサラリーマンやOLでにぎわう店内

 頭に白地に旭日鮮やかな朝日新聞の社旗が描かれ、大きく「朝日新聞」と記されている。日本で朝日新聞の販売店などによく見られる看板だが、客寄せに格好とばかり日本からもってきたようだ。主人はもちろん韓国人。反日ムードのご時勢をよそに実に愉快な店である。

韓国のソウルにある“旭日旗居酒屋”

 店内にはレトロな旭日デザインの旧「アサヒビール」が描かれた宣伝ポスターも張ってある。人気メニューはもっぱら、焼き鳥にビールは「アサヒの生」といったところか。あたりはビジネス街でもあるが、アサヒビール排撃に血眼のマスコミが扇動する反日・不買運動もものかは、店は若いサラリーマンやOLで連日、にぎわっている。

 店の名前については、朝日新聞、いや旭日旗保護(!)のため、ここではあえて紹介しない。ひょっとして「パブロフの犬」が抗議に押しかけるかもわからない? いや、韓国では朝日新聞はもっぱら親韓的と思われているから大丈夫か? 屋号は「あさひ」でないことだけは確かだが。韓国流にエールを送れば「旭日旗、ファイティング!」である。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー