昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 デビューから約5年。徐々に露出が増え、本格的に“スター街道”に乗り出して行こうとしている一方、ファンたちは頭を抱えざるを得ない状況に陥っている。

濵田崇裕くん(30)の“親密ツーショット写真”流出や、小瀧くんと水上さんの記事を読んだファンはショックを受けると同時に怒っていました。デビュー組後輩の『King & Prince』や、関西ジャニーズJr.の『なにわ男子』が実力をつけてきている中、WESTはイマイチ活躍しきれていない。彼らにとって今こそが正念場だと考えているファンは多いんです。ジャニーズタレントとしてのプロ意識に欠ける“写真流出”はもちろんだめだし、女性とのツーショット写真も撮るなら相手を選ぶとか、流出しないように細心の注意を払ってほしい」(ジャニーズWESTファン)

「小瀧くんやばい」と急に自慢し始めた塚本

動画でもワールドカップバレーを応援(Johnnys-netより)

 今回の写真に一緒に写っている塚本はどんな女性なのだろうか。

「塚本さんは大阪出身で小学生の頃からアイドル活動をしているのですが、なかなか芽が出ず、いくつかのグループに加入しては脱退するということを繰り返していました。彼女自身も男女問わずアイドルが好きで、高校生の頃には『関ジャニ∞が好きだ』と周囲に話していました。ただ、久しぶりに会った時に、『小瀧くん知ってる?』『小瀧くんやばい、カッコいい』などと、急に小瀧くんの話をしはじめたのを覚えています。普段からニコニコしていて、人当たりのいい子ですよ」(塚本を知る知人)

塚本のTwitterより

大阪時代に高校の同級生が2人を引きあわせた

 小瀧と塚本はいかにして出会ったのか。前出の2人の共通の知人によると「知り合いの紹介」なのだという。

「小瀧くんと塚本さんが知り合ったのは、小瀧くんがデビューする前。小瀧くんの高校の同級生が2人を引き合わせました。塚本さんは当時まだ関西でアイドル活動をしていたので、大阪で知り合い、そこから2人の関係が始まりました。しかし2人は付き合っていたというわけではなく、いわゆる“セフレ”の関係だった。塚本さんは『小瀧くんには他の女性がいて、私は大勢の中の1人』『それでもいい』と話していました。小瀧くんの家には頻繁に遊びに行っていた」(前出・2人の共通の知人)

 2人が逢瀬を重ねていた頃、小瀧の大阪での生活は荒れていた。大阪で仕事を一緒にしていたという芸能関係者が語る。

シングル「Big Shot!!」のジャケット

「ジャニーズWESTで1番歳下だということもあり、小瀧くんは最後まで大阪に残っていました。当時はかなり派手に遊んでいた印象で、夜遊びの噂もよく聞きましたし、高校を卒業するくらいには当時の彼女とほぼ同棲していました。舞台の仕事の時には、小瀧くんと藤井くんが2人とも前日と同じ服で現場入りしたこともよくあった。2人とも眠そうな疲れ顔をしていたので、朝までどこかで遊んでいたのだろうと周囲は話していました」

 そんな中で知り合ったのが塚本だった。彼女はもともとジャニーズが好きで、かつては追っかけもしていたという。

「追っかけをしていたのは関ジャニ∞の村上信五くん(37)です。その頃はまだ、いちジャニーズファンでしかなかったのですが、小瀧くんと知り合い、ジャニーズタレントとの距離が近づいていったのです。小瀧くんから当時ジャニーズJr.だった(King & Princeの)平野紫耀くん(22)を紹介してもらっていました。平野くんはまったく相手にしていませんでしたが……。

 他にも同じジャニーズWESTの藤井流星くんも紹介して貰っています。小瀧くんにとって“セフレ”である塚本さんは都合のいい存在だったのかもしれませんが、 ジャニオタである塚本さんにとっても都合がよかった。塚本さんは上京後、ジャニーズJr.のユニット『Snow Man』のメンバーらと仲良くしているとも話していました」(前出・2人の共通の知人)

 ジャニーズ事務所に2人の男女関係について事実確認をしたところ、「塚本様が小瀧の知人である事は事実ですが、その他ご指摘のような事実はいずれも一切ございません」と回答した。

  SNSなどを通じ、塚本にもコンタクトを試みたが、返事はなかった。

小瀧は大阪府出身(Johnnys-netより)

この記事の写真(10枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー