昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

「キャッシュレス還元」に頼った韓国経済の末路

その光復節の式典で、文大統領はこう宣言しました。

「2045年の光復(=解放)100年には平和と統一で1つになった国、『ワンコリア』に向けて礎(いしずえ)を整備する。統一すれば、世界経済6位圏の国、国民所得7万~8万ドル時代が開かれる」

演説の冒頭で文大統領が「日本の不当な輸出規制に立ち向かう」と強調したことからもわかるように、この宣言は日韓の現状を強く意識したものでした。

韓国を代表する通信社、聯合ニュースは「日本の輸出規制で迫られた国家経済の危機を、必ず乗り越えるという『克日』の意思を示した」と報じました。

式典に先立って開かれた会議では、文大統領が「北朝鮮との経済協力で平和経済が実現すれば、一気に日本の優位に追いつくことができる」と述べたといわれています。

日米の影響力を排除したい「北の核」の存在

私は、文大統領のこうした発言の裏には「北の核」があると思います。

南北が統一したら、核兵器を保有する人口8000万人ほどの国ができ上がり、国土の広さも日本に見劣りしなくなります。もちろん、北朝鮮に多数分布するレアアースなどの資源を考えれば、経済力でも工業力でもすぐに日本にキャッチアップできると夢を膨らませているのでしょう。

南北統一は民族的悲願であることは確かですが、日本と互角に渡り合える国になることも文大統領の大きな狙いです。要するに、中国を後ろ盾にした統一国家として日本に向き合い、日本の背後にいるアメリカの影響力を削(そ)ごうとしているのです。太平洋の支配をアメリカと二分したいと考える中国と文在寅大統領は、阿吽(あうん)の呼吸で結びついています。

当然のことながら、アメリカもこのことは百も承知です。

だからというべきか、トランプ大統領は文大統領を毛嫌いしています。トランプ大統領は金正恩委員長とうまくやっているため、文大統領とも良好な関係を築いているように見えますが、じつはまったく違います。今回のGSOMIA(ジーソミア)破棄の件でも、トランプ政権は文大統領をどうしようもない人物と考えているようですが、当の本人はアメリカとは対等に話し合えるし、日本に対しても強いことがいえると一方的に勘違いをしているようです。