昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

流血沙汰に立ち小便……渋谷駅前広場がクラブと化した狂乱のハロウィーン深夜

爆音のカーオーディオが街中に鳴り響き……

 路上飲酒規制条例が成立したこともあり、「例年になく平和だった」(巡回していた渋谷区職員)という今年のハロウィーン。確かに大量の警察官が配備されたこともあり、トラックをひっくり返すような騒ぎには発展しなかった。

「前半戦」は大きな混乱はなかった ©松本輝一/文藝春秋

急速に悪化した渋谷の治安

 しかし、10月31日の深夜、渋谷駅の終電がなくなる時間帯に差しかかると、次第に街の雰囲気が変わってくる。爆音のカーオーディオが鳴り響き、酒に酔った集団も各所に現れる。そして、日付が変わっても混雑は続き、スクランブル交差点では警察官による誘導が行われていた。

きゃりーぱみゅぱみゅのTweetより

 ここでは、治安が急速に悪化した渋谷のハロウィーン「後半戦」の様子をレポートする。

©文藝春秋

「テキーラ1杯500円です」と売り歩く若い女性

 今年は、渋谷駅周辺の路上での飲酒が条例で規制され、コンビニやスーパーなどでもアルコールの販売は自粛していた。ところが、その間隙を縫って「テキーラ1杯500円です」と売り歩く若い女性の姿が目についた。話を聞くと、あるイベント会社からテキーラを仕入れ、それを各自が販売しているという。中には販売を“再委託”するケースもあるとのことだ。

©文藝春秋