昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ライフ, , 社会

では中央線の神奈川県内の2駅には……?

 では高尾駅から先はどうだろう。ひとつ隣は相模湖駅。次いで藤野駅。中央線の中ではこの2駅だけが神奈川県内(相模原市)にある。東京・山梨との県境に近い田舎の小さな駅だ。が、どちらにも喫煙所は見当たらない。相模湖駅は現代的にリニューアルされた立派な駅で、藤野駅は小さな改札口があるだけの駅。藤野駅などロータリーもない規模の駅だから期待をしたのだが、駅前の酒屋の横に灰皿が置かれている程度だった。

藤野駅前。改札を出た酒屋の横に灰皿を発見
藤野駅前。ローカルな雰囲気だがホームには喫煙所はなかった

山梨県に入って最初の駅にはある?

 続けて電車を乗り継いで、周囲は山に囲まれたのどかな車窓を眺めつつ上野原駅へ。ここから山梨県に入る。こちらは上野原市を代表するターミナルだが、広いホームの端っこまで歩いてみても喫煙所は設けられていなかった。さらに続けて長大なエスカレーターで住宅地まで結ばれていることでおなじみの四方津駅、中央線で最も東にある“無人駅”の梁川駅、旧甲州街道の宿場町に近い鳥沢駅と続けて探しても、喫煙所らしきものはまったく見つからなかった。ニュータウンのある四方津駅はともかく、梁川駅や鳥沢駅では人の姿も実にまばら。典型的な“ローカル無人駅”なのに、喫煙所は置かれていないのだ。

上野原駅ホーム。喫煙所はなかった
5階建ての上野原駅
上野原駅前のバスターミナル
梁川駅や鳥沢駅など“ローカル無人駅”にもホーム喫煙所はない

 鳥沢駅の次は“日本三大奇橋”のひとつに数えられる甲州街道の猿橋から名をとった猿橋駅。周囲には住宅地もあって観光地もある駅で、やはりここにも喫煙所はなし。利用者が比較的多いから、致し方ないのだろうか……。