昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 音楽, 芸能

「家に出入りする可愛らしい女の子をよく見かけます」

 そうした華やかな音楽活動とは裏腹に、井口と新井は東京郊外にある家賃7万円代のコーポでつましい共同生活を送っている。コーポの住民に話を聞いた。

「ここは築数十年で、古い建物だから、お年寄りが多いんだけど、(井口と新井の2人は)数年前から住んでいてイマドキの若者には珍しく挨拶をしてくれる。とても礼儀正しい子たちですが、生活は夜型で終電近くに帰ってくる。週末には明け方まで部屋で飲み会をしており、缶チューハイのゴミが大量に出されています。家に出入りする可愛らしい女の子をよく見かけます」

美女たちと井口は焼肉、新井はびっくりドンキーへ

 11月17日、ライブを終えた井口は、会場に来ていた女性と板橋区内の焼肉店にタクシーで来店。女性は高畑充希似の美女のA子さん。井口に「ツアー中は御飯食べてるの?」などと声をかけ、井口はリラックスした表情で答えていた。2人は駅前のロータリーでタクシーに乗り込むと共同生活を送るコーポへと帰っていった。

井口と高畑充希似の美女のA子さん ©文藝春秋

 一方の新井は11月26日の深夜、井口と共に帰宅。その後、部屋に待たせていた有村架純似の美女・B子さんを連れ、自転車を2人乗りして大通りを走ること10分。向かった先は庶民的なハンバーグレストラン「びっくりドンキー」だった。

 食事をすること1時間、店を出ると新井とB子さんは自転車に2人乗りで、件のコーポへと帰っていった。

新井と有村架純似の美女・B子さん ©文藝春秋

「ベースで地味に見える新井くんだが、ファンからは『ベースの音がエロい』などと評価も高く、女性にもモテる。家庭的な一面があり、ラジオでは井口の服を洗濯をしていることを話していた」(前出・スポーツ誌記者)

朝帰りの2人を直撃

 12月6日朝、渋谷での飲み会から帰宅した井口と新井を直撃した。写真を見せると、井口は「元カノです。昨日別れました」、新井は「あ、コレ彼女ですね」と回答。井口はA子さんと長年の仲だったという。紅白出場について、井口は「適当にやろうかなって感じです」と話した。

井口と新井を直撃 ©文藝春秋

 2人の微笑ましいデートの模様や直撃取材の様子を収めた動画は「週刊文春デジタル」で公開中です。

この記事の全文は下記サイトで購読できます

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(6枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー