昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ドラゴンズの仲間は最高です」 大野雄大ノーヒットノーランおめでとうパーティーこぼれ話

文春野球コラム ウィンターリーグ2019

2019/12/19

「男は止まっちゃいけない!」

 12月3日。CBCテレビ「サンデードラゴンズ」の特別企画「大野雄大ノーヒットノーランおめでとうパーティー」の収録があった。史上81人目のノーヒッターを祝福しようと、福田永将、加藤匠馬、高橋周平、笠原祥太郎、梅津晃大、藤嶋健人の6人が名古屋市内の野球居酒屋に集結。未公開部分を含めた裏話をこのコラムで紹介しよう。

「本日は盛大な会を開いて頂き、ありがとうございます。喜びを分かち合いましょう!」

 大野雄の乾杯で開宴。偉業を振り返る企画だったが、いきなりお互いの暴露話が始まった。

藤嶋「今年、周平さんがランニングシューズを忘れて、自分のスニーカーで試合前の練習をしたって聞きました」

高橋「忘れたんじゃなくて、ホテルに届いてなかったの。クッション性があるスニーカーだから大丈夫だろうと思ったけど、全部真っ白だから、違和感ありあり。すぐばれた。忘れ物と言えば、大野さんですよ」

大野雄「毎年、野球教室で京都に行くんですが、そこで忘れるんです。地元で緊張が緩むんでしょうね。去年は携帯、今年は財布。周りから『カードをすぐ止めた方がいい』と言われましたが、『男は止まっちゃいけない!』と訳の分からないことを言って。でも、交番に届いていました。京都は優しい街です。妻には『アホか』と言われましたが(笑)」

「大野雄大ノーヒットノーランおめでとうパーティー」収録中の様子 ©若狭敬一

ドラゴンズで一番歌唱力のあるのはどの選手?

 続いて、ロッカーの話題へ。

藤嶋「柳(裕也)さん、めっちゃ綺麗です」

笠原「又吉(克樹)さんも」

藤嶋「又吉さん、ナゴヤ球場のロッカーを家みたいにするんです」

大野雄「アマゾン又吉と呼ばれていましてね。どんどん通販で物を買うんです。椅子やラック、ドリンクホルダーも」

笠原「それで1軍に上がるタイミングで全部後輩にプレゼントするんです(笑)」

藤嶋「ロッカーと言えば、試合前に三ツ間(卓也)さんが突然『うわっ! 忘れた!』と叫んだことがありまして。何かなと思ったら、急に腕立て伏せを始めたんです。きっとウエイトルームでするのを忘れたんでしょうね。びっくりしました」

大野雄「三ツ間はウエイト大好き。プロテインマニア」

加藤「あと、武田(健吾)も面白いですよ。なぜかロッカーでよく雑学を披露します」

高橋「試合前の円陣でも。普通は『みんな一つになって勝ちましょう』みたいな掛け声ですが、いきなり『ゴキブリは人間が死んでも7億年生きることができます。頑張りましょう!』って。全く気合が入らないっす(笑)」

 次に歌唱力の話。

高橋「一番うまいのは藤嶋でしょ」

加藤「阿部(寿樹)さんも上手。秦基博、歌います」

梅津「(石川)翔も。ずっと尾崎豊の『I LOVE YOU』ですけど(笑)」

高橋「あと、大島(洋平)さんね。意外と高い音出るんですよ」

藤嶋「出る! 出る!」

高橋「Official髭男dismの『Pretender』が大島さんの十八番」