昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

第162回芥川賞は古川真人さん『背高泡立草』、直木賞は川越宗一さん『熱源』に

 1月15日、第162回芥川龍之介賞と直木三十五賞(いずれも日本文学振興会主催)の選考会が東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は古川真人さん(31歳)の「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(「すばる」2019年10月号掲載)、直木賞は川越宗一さん(41歳)の『熱源』(文藝春秋)がそれぞれ選ばれた。

古川さんは前回に続いての候補入り

古川真人さん

 古川さんは1988年生まれ。第一薬科大学付属高等学校卒。2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。「縫わんばならん」(「新潮」2016年11月号)、「四時過ぎの船」(「新潮」2017年6月号)、そして前回の第161回芥川賞での「ラッコの家」(「文學界」2019年1月号掲載)に続く4度目の候補入りだった。

川越さんは2作目で受賞

川越宗一さん

 川越さんは1978年生まれ。2018年に歴史小説『天地に燦たり』で第25回松本清張賞を受賞してデビュー。当時、川越さんはカタログ通販会社に勤めており、「小説を書きたいと思っていたわけではありません。でも、5年前に沖縄の首里城を訪れたとき物語が浮かび、頭から離れなくなってしまったんです」と取材に語っていた。

 受賞作となった『熱源』は2作目だった。同作品は、第10回山田風太郎賞候補、第9回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞にも選ばれている。

第162回芥川賞・直木賞の候補作 ©文藝春秋
芥川賞・直木賞記者会見場での掲示 ©文藝春秋

■第162回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)※作者五十音順・敬称略

木村友祐「幼な子の聖戦」(すばる 11月号)
髙尾長良「音に聞く」(文學界 9月号)
千葉雅也「デッドライン」(新潮 9月号)
乗代雄介「最高の任務」(群像 12月号)
古川真人「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(すばる 10月号)

■第162回直木三十五賞 候補作(出版社)※作者五十音順・敬称略

小川哲『噓と正典』(早川書房)
川越宗一『熱源』(文藝春秋)
呉勝浩『スワン』(KADOKAWA)
誉田哲也『背中の蜘蛛』(双葉社)
湊かなえ『落日』(角川春樹事務所)

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー