昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ「メディア企業」と見なされることを嫌うのか?

 さらに問題なのは、フェイスブックやグーグルが、フェイクニュースかどうか判断する責任を避けていることだという。ニュースメディアとして、内容の客観性やジャーナリスト倫理にのっとった報道を行うことは労力と費用がかかる。だから、フェイスブックやグーグルはメディア企業と見なされることを嫌うのだ。

20億人に影響を与えるザッカーバーグ ©共同通信社

「我々が改めて心に留めるべきは、GAFAの唯一のミッションは金儲けだということです。編集権限やセーフガードを機能させ、ヘイト活動家が発信した、内容に問題があるコンテンツを排除すること。それはクリック数を減らし、多額の収益を失わせます。フェイスブックにはそうしたことを行うインセンティブが、全くないのです」

出典:「文藝春秋」2月号

 さらに、GAFAがもたらしたイノベーションの行き詰まりなどのデメリット、個人情報の悪用が問題となった、ケンブリッジ・アナリティカ事件などに見る国家のGAFAへの対応、また、GAFA同士の食い合いや、次世代GAFAと目される中国のBAT(検索エンジンの百度〈バイドウ〉、IT企業の阿里巴巴〈アリババ〉、SNSの騰訊(テンセント))の未来図など、ギャロウェイ氏が語るGAFAの功罪とGAFA後の世界「GAFAの拝金主義が分断を煽る」は、「文藝春秋」2月号と「文藝春秋digital」に掲載されている。

 生活の大部分をGAFAに依存するいまこそ、GAFAの正体を見定めるときではないだろうか。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
文藝春秋

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー