昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「搾取されて搾取されて……」14歳年下の“パパ活女子”と結婚した44歳男性は、いま幸せなのか?

「元パパ」と「パパ活女子」の夫婦対談 #2

2020/01/23

 女性が食事やデートに付き合う対価として、男性から金銭を受け取るのがパパ活。この言葉が誕生する2015年以前からこうした活動に励み、とりわけ金払いのいい「太パパ」だった人気マンガ家と結婚した女性がいる。パパ活という言葉が爆発的に広まる中、今では夫婦となった元「パパ」と「パパ活女子」に、お金ありきの出会いから結婚生活までをあけすけに語ってもらった。(全2回の2回目/前編から続く

パパ氏(44) 成人向け作品で人気のマンガ家。学生時代は体育会系の部活に打ち込み、会社員を経てこの道へ。美咲さんに対して結婚までに貢いだ額は1000万円を超える。

 

美咲さん(30)=仮名 大学時代にキャバクラで働き、就職後、かつての客やネットで知り合った男性などを相手に「パパ活」に励む。中小企業社長から月10万円のお手当を4年間もらっていたことも。2017年にパパ氏と結婚、現在は主婦で2児の母。

◆◆◆

「搾取されて搾取されて……」

――美咲さんに散々振り回されながらも「パパ」を続けたのはなぜだったんでしょう。

パパ 楽しかったというのはありますね、正直。あと、この歳になって若い子を口説くにはこのくらい耐えなきゃいかんのかなっていうのもあった。彼女と出会う2年前に結婚まで行きかけて別れた経験があって、次いいなと思う子が出てきたら優しくしようとも思っていた。そしたら搾取されて搾取されて……。

美咲 結婚までに使った額は相当だと思いますよ。ご飯代も高かったもんね。

パパ 毎回会うたびにカニとか言って。

美咲 肉だよ。

©iStock.com

パパ 高い肉とカニね。

美咲 あとフィットネスクラブ会員にしてもらった。他に何した?

パパ 色々ありすぎてわからない。買い物も、旅行もあちこち行ったしね。

共有していた「今だけ」という感覚

――百万単位じゃ済まないかもしれませんね。

パパ とんでもない、もう1桁は確実にありますね。確信犯的にたかっている感じじゃなく、これくらい普通でしょって来られると、そうなのかとおじさんは思っちゃう。一方で彼女はその頃、30歳くらいの女性をババアってばかにしながらいずれ自分も歳を取ることにすごく恐怖を持っていたので、こんなことが許されるのは今だけだとは思ってたみたいです。だから早く結婚したいとも言っていて。

©iStock.com

美咲 花の命は短いじゃないけど。

パパ 今だけという感覚は分かってた。だから僕も今だけならばと受け入れた。

――パパさんの方は、美咲さんと出会う前にもパパ活らしきことはしていたんですか。

パパ 長年付き合ってた彼女と別れてから(美咲さんと出会うまで)の2年は婚活的なことをしていましたが、パパ活も婚活も、今考えると一緒ですよね。たかられて、お金使って、女性が気に食わなかったらぽいって捨てられて。あとキャバクラにも昔はよく行って、いっぱいお金を払ってきました。