昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【巨人】矢野謙次と大田泰示、札幌で再会する「元・巨人」の男たち

交流戦 指名対決 テーマ「日本ハム⇔巨人 トレードされた選手を思う」 文春野球コラム ペナントレース2017

交流戦とはプロ野球同窓会である

 2017年、早いもので松坂世代の矢野謙次は36歳。若いと思っていた大田泰示も本日6月9日が27歳の誕生日だ。数年前、この矢野や大田、キャッチャー市川友也らが揃って巨人2軍のジャイアンツ球場でプレーしていたこともある(市川にいたっては3軍戦の守備のミスで観客席から猛烈に野次られているシーンに遭遇した)。それを考えたら、綺麗ごとではなく移籍して本当に良かったなと心から思う。会社員の転職と同じで、人も果物も動くタイミングを逃すとやがてその場で腐っちまう。

 もちろん彼らには新天地でも活躍してほしい。同時に今は「元・巨人」選手のプレーはあまり熱心に追いかけすぎないようにしている。正直、懐かしい過去を振り返る時はたまにある。でも、近付きすぎないようにも気をつける。何て言うのか、昔一緒に汗を流しバカをやった元同級生くらいの距離感だ。「おぉ頑張ってるな」なんつってFacebookでたまに近況を知るぐらいがちょうどいい。

 そして、年に1度、交流戦という名の同窓会で再会するわけさ。

  9日からは札幌での3連戦、久々に矢野謙次や大田泰示に会える。みんな元気でやっているだろうか?

 See you baseball freak……

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/2879でHITボタンを押してください。

対戦中:VS 北海道日本ハムファイターズ(えのきどいちろう)

※対戦とは同時刻に記事をアップして24時間でのHIT数を競うものです。