昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

安定志向な彼との結婚を親に反対されています。うまくいかない恋愛を、ぱぷりこがお焚き上げ(1)

『なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ』著者が筆圧高く回答します

2017/06/27

 そんな状況なので、「もう結婚を機に親と絶縁してもいいかもしれない」と思う半面、インターネットで「親 結婚 反対」などと検索すると「結婚生活がうまくいかない」と書いてあったり、親に言われた「不幸になって死ぬ」という言葉がフラッシュバックしたりして話を進める勇気が出ません。

 また、将来を考えて厳しめの医局に進んだ現在、彼の仕事に対する姿勢の甘さが気になるようになりました。共働きで生きていくなら問題ないとわかっていても「もう少し頑張ってほしい」「でも彼のペースで頑張れているからこそ、遠距離恋愛にも情緒不安定な私の愚痴にも耐えられているのかもしれない」と思ってしまい、これ以上は彼の尻を叩くことはしたくありません。

 しかし、「実績を積んでくれたら親も説得できるかもしれない」と甘い考えも首をもたげます。それは彼に対して失礼だし筋違いということも理解しています。それに、趣味や話もあい、体調を崩しやすい私にうんざりせず一緒にいてくれて、いつ殴られたり怒鳴られたりするかビクビクしなくてよくて居心地のいい環境を自然に作ってくれる彼となら結婚しても一緒に暮らしていけそう、と思っても、上記の不安が出てきて腹を決めることができないでいます。

 以前、好きだった人は「恋心の搾取地主」タイプで私はその信者だったため、自分の感情をコンテンツの一部として楽しめていた節がありますが、自分が幸せになるためにどうしたらいいかPDCAサイクルを回そうとすると、こんなに苦しく壁があるとは思いませんでした。

 ちなみにその搾取男は、たいへんに親受けは良かったです。私が恋愛感情を匂わせなかったからか、あるいはダメオーラしか感じなかったからかは分かりませんが……。

 

【いま自分が望んでいること。現状がどうなれば、自分にとっていいのか】

 待っていてくれている彼のために、早く腹を括りたい。

 親との関係改善。これ以上、こちらの精神力を削られたくない。

 親に彼のことを認めてもらい円満に結婚したい。

 両方持っている同期に嫉妬してしまうのも、しんどさに拍車をかけます。比べることに意味はないことはわかっていますが、どうしても考えてしまいます。