昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

槇原の父は「親としては複雑です」

 父は親心をのぞかせる。

「(以前の事件を考えたら)そら一切関係ないほうがいいし、親としては複雑です。でもコレではっきりしてほんとに良かったと思います。僕はあの19年前から、(奥村の姿を)一切、見ていないんです」

 2人の関係に変化が起きたのは昨年だった。

「奥村被告のカネ遣いの荒さや、仕事のルーズさに周囲が怪しんだのです。『もしかしたらまた薬物をやっているのではないか』と。槇原本人とスタッフが奥村と話し合いの場を持とうとしても、奥村が約束の時間に姿を見せない。事務所の社長という立場でそれは許されない。同時期にプライベートでの関係も悪くなり、同棲を解消しました」(レコード会社関係者)

 槇原は3月初旬から全国ツアーの真っ最中だった。

©文藝春秋

「ツアー中に社長を解任するなんて本当はしたくなかった。だが、奥村は『辞任という形で退職金をもらえないか』などとゴネたそうです」(同前)

 起訴状における奥村の覚せい剤使用日は、解任4日後の3月16日だった。

 父が語る。

「親を心配させたらアカンと思うてたんでしょう、(経緯は)全然知りません。僕は二度とないはずと息子を信じてるけど、なにより、ホッとしたんです」

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(2枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー