昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/02/23

genre : ニュース, 社会

図録には外務省時代の写真が

 まず天皇陛下の幼少の頃から青年になられるまでを紹介するコーナーでは、陛下の学習院初等科時代のランドセルが展示され、これは上皇さまがお使いになられた品をお譲りいただいたものなのだという。あわせて、陛下に授与されたイギリス・オックスフォード大学名誉法学博士号の学位記や、真紅のガウンも見ることができた。

 さらに先へ進むと、雅子さまの幼少期の写真とともにアメリカ・ハーバード大学の卒業式やオックスフォード大学ベーリオールコレッジご留学の写真が紹介されていた。図録には、外務省で勤務されていた当時、ベーカー米国務長官が来日した際に、通訳を務める雅子さまの写真が掲載されている。

1991年11月、ベーカー米国務長官が来日、外務省・飯倉公館で通訳を務める外務省・北米2課所属の小和田雅子さん(当時) ©共同通信社

 ご婚約発表後、ハーバード大学時代の友人らから贈られた椅子も展示されていた。これは、ハーバード大学在学中に学生寮でお使いになっていた備品の椅子と同型のもので、ハーバード大学の紋章とともに、雅子さまのお名前と卒業年次が彫られているという。

ハーバード大学ご卒業 宮内庁提供

 陛下の学習院大学文学部史学科の卒業論文(「中世瀬戸内海水運の一考察」、展示されていた別表にはブルーの万年筆で書かれたと思われる、細やかな字が記されている)とともに、雅子さまのハーバード大学経済学部の卒業論文(「輸入価格ショックへの対外調整:日本の貿易における石油」)が展示されていたことも印象に残った。同じ展示ケースの中には辞書が2冊展示されていて、特にネイビーの「The Concise Oxford Dictionary」は長年愛用されたためか、よく使い込まれた様子で驚いた。雅子さまの辞書は、留学中などに使われたものだという。

ハーバード大学卒業論文 宮内庁提供

 こうして展示された品々からは、雅子さまご自身が海外での経験を大切に思われていることを示すと同時に、昨年の誕生日会見で述べられた「国際的な取組など本人だからできるような取組」を陛下が後押しされるお気持ちが伝わってくるようだった。

 陛下の水に関するご研究についてのご著書や、登山に関連して陛下が寄稿された「岳人」、「山と渓谷」などの登山雑誌も展示されていて、愛子さまもご一緒に「山の日」記念式典に臨席された後、上高地を散策されたことを思い出した。

2016年8月11日、第1回「山の日」記念全国大会記念式典にご臨席になり、上高地を散策されるご一家 ©時事通信社