昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新型コロナ「親が陽性。そのとき我が子をどうする?」医師21人が本音回答

「祖父母に預ける」「乳児なら一緒に過ごす」「マスクをするのは親のほう」……

2020/03/10

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 医療, 社会, サイエンス, 読書

孫を世話する高齢者が心配

 子どもについて、医師が最も懸念していたのは、子ども自身の感染より、「子どもから高齢者への感染」だ。

「子どもは重症化しないので、感染しても心配ないです。子どもを媒介に高齢者に感染する事が問題」(C医師=50代男性、泌尿器科)との指摘に代表されるように、子どもが感染源になる危険性を指摘する医師が多かった。

「家族との接触は避けるが、中でも高齢者については特に注意する」(S医師=40代男性、緩和ケア科)

「家の中でもマスクをして過ごす。高齢者には接触しない」(G医師=40代女性、整形外科)

「子どもにはあまり不安はないが、高齢者は重症化のおそれが高いので、同居していたら自分が自室に閉じこもる」(Q医師=50代男性、脳神経外科)

「我が家への高齢者の出入りは禁止」(L医師=40代女性、耳鼻咽喉科)

学校が休校となり、孫の世話を頼まれる祖父母も多いが…… ※写真はイメージです ©iStock.com

 大半の学校が休校となったいま、行き場を失った子どもたちを両親に代わって祖父母が世話しているケースも多く、孫から祖父母への感染が心配される。

 新型コロナウイルス感染への対策としては「高齢者第一」の思想が、少なくとも医師の間では、ほぼ統一されているようだ。

 不要不急の集まりは避けるように呼び掛けられているが、そうは言っても卒業や入学のお祝いなど、普通なら家族内での高齢者と子どもが接する機会の多い時期でもある。細心の注意を払って過ごしたい。

◇◇◇

「週刊文春 新型コロナウイルス完全防御ガイド」が、3月17日に発売となります。予約受付中です。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー