昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/03/13

5.5倍売れている“ある食品”とは?

「しいていうなら、にんにくが好調に売れています。特に黒にんにくは昨年同月比で5.5倍ほど売れています。はちみつも2割ほど売上が増加しています。新型コロナウイルスの感染を防ぐために、免疫力を高めたい人が買っているのではないでしょうか」
(※正確な医療情報や感染防止方法については専門家の意見を参考にしてください)

ネット通販で昨年同月比約5.5倍売れているという黒にんにく ©iStock.com

 なるほど。そうなると免疫力を高めるためには睡眠も大事だから、寝具なども好調に売れているのではないだろうか。

「調べてみましたが寝具が極端に売れている様子はありませんでした。他にも運動不足の解消目的でダイエット器具が売れていると思って調べたんですが、こちらも特別に売れている気配はありませんでした」

2月と比べて8倍売れている「アイデア商品」

 西尾さん曰く、3月は新生活シーズンということもあって、例年、ネット通販の売れ行きが好調だという。特に今年は楽天のスーパーセールの時期と重なったこともあって、新型コロナウイルスの影響で売れているのかどうか判断が難しいという。

 その中でも、西尾さんが「これは絶対に影響を受けて売れていますよ」と自信を持って勧めてくれたのが、『グリッポン』(https://item.rakuten.co.jp/soko-techno/10000006/)という商品だった。

素手で吊り革を触らないようにするためのアイデア商品『グリッポン』も売れている

 素手で吊り革を触らないようにするためのアイデア商品。Nintで調べたところ、2月と比較して8倍の売れ行きだという。これさえあれば、吊り革を触るときに躊躇しなくてよさそうである。

 次に調査に向かったのは東京都中央区にある「アグザルファ」。Amazon専門のコンサルティングとしてパイオニア的な存在で、ツール利用も含めれば1000社以上のクライアントに対してAmazonの売上支援サービスを行っている。Amazonで売れ筋の商品を常にチェックしており、新型コロナウイルスの影響で売れているものについて、代表取締役の比良益章社長に話を聞いてみた。