昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

マスクだけじゃない……新型コロナ ネットで5倍、10倍売れている「意外なもの」たち

2020/03/13

 新型コロナウイルスの影響で、私たちの生活スタイルは大きく変わってしまった。時差通勤やリモートワークで仕事のやり方が変わり、イベントの中止や観光施設の休園、小中高の一斉休校により、自宅で待機する人が急激に増えた。

 その影響もあって、巣ごもり消費が活況である。3月5日の日経新聞(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56441130V00C20A3L60000/)によると、スーパーでは冷凍食品や総菜が売れて、CDやDVDの売れ行きも好調。自宅学習のための参考書などは通常の4倍の売れ行きだという。

一斉休校を受け、学習ドリルが売れているという。ではネット通販ではどんなものが売れているのだろうか ©時事通信社

「冷凍食品は10倍ほどの売れ行きです」

 それならば、ネット通販の売れ行きも好調なのではないか。ネット上には膨大に商品が売られている。もしかしたら、私たちが想像もしていないような意外な商品が、新型コロナウイルスの影響で売れているかもしれない。

 早速、ネット通販の売れ筋商品を調べるために、東京都新宿区にある「Nint」(https://ec.nint.jp/)という会社に向かった。Nintはビッグデータ技術を用いて楽天、アマゾン、ヤフーショッピングの売上や商品の推計値データを抽出する調査ツール。本来であればネットショップが競合会社の動向を調査するために利用しているものだが、これを使えばすぐにネットで売れている商品を見つけられるはずだ。

「学校が休校になった3月2日以降だと、マスクやティッシュ、空気清浄機などが好調に売れています。自宅に子供がいることもあって、冷凍食品などは平常時と比較して10倍ほどの売れ行きですね」

ネットショップでも「冷凍食品は10倍ほどの売れ行き」だという ©iStock.com

 取材に応じてくれたのは取締役の西尾宗哲さん。実店舗と同じようなものがネット通販でも売れているようである。意外なものは売れていないのか。