昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/03/13

缶詰、スポンジ、ティッシュ……

「備蓄食の買いだめで缶詰が好調に売れていて、抗菌タイプの台所用のスポンジなども人気ですね。トイレットペーパー不足の影響なのかポケットティッシュの売れ行きも好調です。ただ、どれも実店舗でも売れているような商品ばかりで、ネット通販だから売れているという特別な商品は見当たりませんでした」

 しかし、比良社長は「意外といえば意外ですが――」と前置きした上で、「茶カテキン粉末」が好調に売れていることを教えてくれた。

「新型コロナウイルスの予防にカテキンが効くとSNSで流れたらしく、それを芸能人がブログで紹介したところ、爆発的に売れたようです。医学的な根拠までは分かりませんが、こういう一時的な風評で売れる商品は、Amazonではちょくちょく出てきますね」

 新型コロナウイルスの影響で、茶カテキンが売れるとは誰も想像していなかった。こういう突発的に注目される商品は、何でも揃うAmazonで買う人が多いのかもしれない(※正確な医療情報や感染防止方法については専門家の意見を参考にしてください)。

Amazonでは茶カテキンが売れているという ©iStock.com

プチギフトが2倍の売れ行き……その理由は?

 他にも知人に聞いて回ったところ、売上規模は小さいものの、2つほどユニークな“意外に売れているもの”を見つけることができた。

 東京都東久留米市で花とギフト品を楽天で販売している「フローラルライフ」。ここで取り扱っている「プチバルーンバンチ」(https://item.rakuten.co.jp/ohanaya/z05/)という商品が、3月に入ってから好調に売れているという。

 小さな熊やウサギのぬいぐるみに、ハートの風船がついた長さ15㎝ぐらいのプチギフト品。販売価格は1個約600円。まとめ買いするお客さんが多く、例年の2倍以上の売れ行きだという。

例年の2倍売れているという「プチバルーンバンチ」