昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

住職は休業補償も対象外

 しかし、政府は小さなお寺の救済や補償は考えてくれていないようだ。

 自営業者やフリーランスには休業補償として「一律で日額4100円」の支援策が打ち出されたが、檀家さんから口頭で依頼されるお寺の法事には契約書類が存在しないため、申請することもできない。それ以前に、この補償は子どもの休校で仕事を休まざるを得ない場合に限られるので、独身の私には当てはまらない。

©iStock.com

 中小企業や小規模事業者向けの新たな貸付制度も創設されたが、先が見通せない状況で新たな借金を作っても返済できる保証はない。結局、救済策は何もないに等しいのだ。

 もはや住職もきれいごとを言っている場合ではない。私たちも生きていかなければいけないからだ。現在は貯金を切り崩してなんとか生活しているが、この状態が長く続けば生活は破綻する。政府には一刻も早く抜本的な救済策を打ち出してほしい。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー