昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

メガネを外したときに「絶対にやってはいけない」3つのこと

プロに聞いた、正しい保管方法とは……?

2020/04/13

 メガネの傷や歪み。その一番の原因となるのは、日々の取り扱いだと言われている。正しく取り扱わないとメガネにダメージが蓄積され、買い替えのサイクルを早める原因となってしまうことも。

 そこで今回は、メガネの正しい取り扱い方法について老舗眼鏡専門店「イワキメガネ」神保町三省堂店、店長代理の古川秀光さんに話を訊いた。(全2回の2回目/前編から続く

多種多様のフレームがある

(1)レンズが傷つく置き方は避けるべし

――前回はメガネの正しい拭き方について、お話を伺いました。じつはメガネの取り扱い方についても、きちんと教わる機会はあまりないと思います。何か気を付けるべきことはあるのでしょうか。

古川 メガネはデリケートなので必ずケースに入れて保管するのが大前提ですが、一時的に外すような場面も多いですよね。そうした時は、フレームを開いたまま、フロント(前枠)の上側が下になるよう上下逆に置いてください。

――逆さまに置くというのは意外ですね。

古川 つるの部分が下側になったほうが、置いたときに安定感があるんです。また、万が一上から力が掛かった場合でも、レンズへのダメージを最小限に抑えることができます。絶対に避けたいのは、レンズの部分を下側にして置いてしまうことです。レンズ表面の一番出っ張っているところは、「光学中心」といってレンズの一番大事な部分となるので、傷がついてしまうと見え方に大きく不具合が生じてしまいます。

©iStock.com

――就寝時は、やはりケースに入れて保管すべきでしょうか。

古川 長時間外している場合は、ケースに入れておくのが安心です。ですが就寝時については、夜中に地震が起きたときなど、パッとメガネを手に取りたくなるシーンもありますよね? ベッドにヘッドボードなどがあればそこに置くのが望ましいですが、もし枕元にそのまま置いておきたいのであれば、枕の上側に置くことをオススメします。枕の横ですと寝返りによってベッドから落としたり、つぶしたりしてしまう恐れがありますが、上側ならばそのリスクをある程度避けられるでしょう。