昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「プチ」を知っていますか? 女子高生がライト感覚で手を染める”ツイッターわいせつ”《氾濫する隠語》

2020/04/10

「プチ」ときいてそれが性行為未満の「プチ売春」を意味するとわかる向きはどれだけいるだろうか。警察当局による取り締まり強化で逃げ場をなくした犯罪者達が、誰もが見られるツイッターという公共空間に姿を現し始めた。苦肉の策として隠語を駆使して闇バイトを集め始めている。ほかにも「運び」「野菜」「手押し」と、謎の隠語は新型コロナウイルスによる不況も追い風にすらしようとしている。

「実技指導」などと称して女子高生にわいせつ行為

 日本がまだ緊急事態宣言の噂に揺れていた4月上旬、警視庁少年育成課が児童福祉法違反容疑で逮捕したのは、住所不定、職業不詳の南口彰博容疑者(34)だ。昨年10月、当時17歳だった女子高生に「デリバリーヘルスの実技指導」などと称してわいせつな行為をさせた疑いだ。

写真はイメージで本文とは関係ありません ©iStock.com

 南口容疑者は実際、18歳未満の少女らの裏デリバリーヘルス店を運営。半年弱で160万円を売り上げていたというが、少女らを見つける手段はツイッターだった。

《お会いできる方いますか。プチ》。

 昨年9月に少女が投稿したつぶやきはこれだ。「プチ」は、実は「プチ援助交際」「プチ売春」の意味。性交を伴わない性的サービスを行い、対価を得る売春である。

 南口容疑者らは敏感に反応して少女に連絡。客をあてがうことが始まったとみられる。少女の動機は「好きなアイドルのライブなどでカネが必要だった」というような軽い理由というから、南口容疑者らの女衒商売も楽なものだったろう。

写真はイメージで本文とは関係ありません ©iStock.com

「胸のみお触り+0.2(服の上から)」

 こうした「つぶやき売春」はどうやら蔓延しているようだ。「プチ」とツイッターで検索してみるだけでいい。女性の顔写真とともに、売春行為を持ちかけるツイートが大量に現れる。

 仔細にみると、「プチ」を持ちかける隠語だけの短いつぶやきに、長めの文章の画像が貼り付けてある例が多い。

《生F 0.5(交通費+0.1~)
 胸のみお触り +0.2(服の上から)
        +0.4(服の下から)
     口内 +0.5》

「プチ」募集ツイッターの一例。長めの文章を画像として貼り付けてあるケースが多い

 つぶやきと違って、直截な表現が目立つ。「生F」とは口淫のこと。「口内」とは口内で体液を受け止めること。「胸のみお触り」はお察しの通りの意味だ。この世界の単位は福沢諭吉だから、0.1は1000円を指す。