昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

不動産業界も危ない!

 ホテル運営会社のオヨ、オフィス転貸業のウィーワーク、民泊斡旋のエアビーアンドビーなどは、もともと赤字体質で、将来性が売りだった。

「ユニコーン企業の『宴』は完全に終わった」と神谷氏は断言する。

背筋が寒くなる株式市場 ©共同通信社

 次に危ないのは不動産業界、そして不動産投資信託(REIT)だという。REITに関しては、年金運用への影響も懸念される。東京を中心に不動産の値上がりが続いていた日本も他人事ではない。

出典:「文藝春秋」5月号

 詳しくは「文藝春秋」5月号と「文藝春秋digital」に掲載された神谷氏のレポート「トランプバブル崩壊 株、債券、土地はこうなる」をご覧いただきたい。いつの時代も短期的な思考で目先の儲けを追求すると失敗する。このパンデミックから日本人は何を学ぶべきか。人口が減少する低成長高齢者の国の発想の転換を迫る刺激的な記事だ。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー