昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/06/06

2005年には難病を患い、生と死の境をさまよった

 滋さんは1997年から2007年までの10年間、北朝鮮による拉致被害者家族会の代表を務めた。その間、2005年12月に血液の難病の「血栓性血小板減少性紫斑病」と診断され、生と死の境をさまよったことがあった。めぐみさんが1977年に行方不明になって以来の長年のストレスや心労がたまり、気が休まる日は1日もなかった影響も大いにあろう。

 2017年2月5日に早紀江さんの誕生日にあわせて行われた「横田夫妻を囲む会」では、滋さんは会話や歩行がすでに不自由になっているように見受けられた。そして、自分が話さない分、マスコミの取材に普段通りにテキパキとお答えになる早紀江さんをそばで優しく見守るように、にこやかに、はにかんだ表情をみせていた滋さんが忘れられない。

【動画】2017年2月5日に行われた「横田夫妻を囲む会」でのインタビュー(筆者作成)
 

 上記は、その際に筆者が撮影した動画である(https://www.youtube.com/watch?v=tmI20riicvw&feature=youtu.be)。その最後の場面になるが、早紀江さんが滋さんの歩行を支えるために、後ろからそっと腕組みをした。筆者を含めた周囲の人々が「滋さん、羨ましい」「滋さん、いいな」などと声をかけると、滋さんはこの時も思いっきりはにかんでいた。嬉しそうな表情が印象的だ。

 聡明で、はにかみ屋さんだった滋さん、長い間、お疲れさまでした、ゆっくりお休み下さい。天国で安らかに。

2014年2月、 川崎市内の横田さんご夫妻の自宅マンションで(筆者撮影)

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー