昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「もう一度ウンギョンさんに会いたい…」横田滋さん“本当の願い”を封じたのは誰か

2020/06/07

 5日午後、老衰のため87歳で亡くなった横田滋さんは、朴訥で腰の低い人だった。私も講演を何回か聞いている。

 2014年のこと、私は神奈川県で開かれた拉致問題をテーマとした集会に講師として招かれた。滋さんと妻の早紀江さんが参加してくれ、直接言葉を交わした。

 20代のころ、神奈川県川崎市川崎区に住んでいたと自己紹介すると、滋さんは「私の家の近くですよ」と笑顔で応じてくれた。

 滋さんが死去した翌日の新聞には、滋さんを追悼する記事があふれていた。「めぐみさんを探し続けた」「娘に再会できないままの無念の死」……。「北朝鮮への怒りがこみ上げる」とコメントを寄せた人もいる。

 もちろん、滋さん自身にも、無念さや怒りがあっただろう。

6月5日に87歳で亡くなった横田滋さん。娘・めぐみさんは43年前、新潟市の中学校からバドミントン部の練習の帰りに、北朝鮮の工作員によって拉致された ©文藝春秋

「目の玉を真ん中に寄せて、おどけてみせる」

 しかし滋さんは、めぐみさんのことを語る時、なぜか楽しそうに見えた。

 滋さんは写真好きで知られる。家族の写真をよく撮っていたが、「カメラを向けると、めぐみは写させないように目の玉を真ん中に寄せて、おどけてみせるようなお茶目なところがあった。冗談も好きで人を楽しませてくれた」と語った。

 この性格は、後に北朝鮮でめぐみさんと会った人の証言とも一致する。めぐみさんを語り、思い出を共有するのは、苛酷な現実を忘れることができる短い時間だったのだろう。滋さんの生きがいにもなっていたと思う。

 そのため、どれだけ多忙になっても全国を講演で飛び回り、取材も受けてきたのではないか。早紀江さんも「言うことを聞いてくれない」とこぼすほどだった。

妻の早紀江さんと ©文藝春秋

 滋さんは講演会などで、しばしば日本政府や、支援団体である「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」(救う会)の方針と違う発言をした。周囲からたしなめられることもあった。こういう発言は、なぜか報道されることはなかったが、いま考えると大切な内容を含んでいたと思える。いくつか紹介したい。