昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元慰安婦支援30年の日本人が語る「第1号」金学順さん、証言がブレ続けた理由

「挺対協」”嫌韓”を作った組織の30年 #2

2020/06/04

「慰安婦を利用した。私を裏切って、国民を裏切って、全世界の人々を裏切ってだました」

 こう挺対協(現・「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」)の不実について告発した元慰安婦李容洙(イ・ヨンス)氏の記者会見によって韓国社会は大揺れに揺れている。

 はたして挺対協とはいかなる組織なのか。

 彼女らの実態をよく知る日本人がいる。

 その女性の名前は臼杵敬子氏という。ライターとして女性問題に関心を深く持っていた臼杵氏の人生は、1990年に韓国太平洋戦争犠牲者遺族会の女性たちと出会って一変する。臼杵氏はその後の半生を、遺族会を支援するための活動に費やした。90年代から議論が始まった日韓歴史問題を、最も間近で見つめてきた日本人の一人であるともいえよう。

 本連載では臼杵氏から見た、なぜ慰安婦問題が歪んでしまったのか、その真実について回想してもらう。そして挺対協とはどのような組織だったのかを、当事者として批評してもらおうと考えている。(連載2回目/#1から続む)

「慰安婦第1号」とされる金学順さん ©︎勝山泰佑

金学順さんが辿った運命

 金学順さんが名乗り出た背景には、被爆女性イ・メンヒ氏の存在があったと言われています。イ氏は自ら被爆者であることを明かし、日本大使館前で自殺未遂騒動を起こした。そのことがマスコミで報じられたことで、日本人から多くの支援を受けた。貧しかった生活ぶりが、いくぶんか改善したそうなのです。

 彼女から金学順さんは、「慰安婦として名乗り出たほうがいい」とアドバイスを受けたそうです。このイさんの言葉が、金学順さんが名乗り出るための大きな動機になったようです。孤独な老後を送っていた彼女には、何か救いが欲しかったのだと思います。

 証言にブレがあったことは、慰安婦問題を提起する上では大きな問題でしたが、彼女が日本軍に連行され被害に遭ったことは間違いありませんでした。

韓国人、韓国を叱る: 日韓歴史問題の新証言者たち」 (小学館新書)

 女性ですから、キーセンや慰安婦の過去を素直に話すということは難しい部分があったと思います。

関連記事