昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「まずいな、と思いました」30年寄り添った日本人が語る「慰安婦問題」の真実

「挺対協」”嫌韓”を作った組織の30年 #1

2020/06/04

「慰安婦を利用した。私を裏切って、国民を裏切って、全世界の人々を裏切ってだました」

 こう挺対協(現・「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」)の不実について告発した元慰安婦李容洙(イ・ヨンス)氏の記者会見によって韓国社会は大揺れに揺れている。

 韓国メディアでは連日、挺対協と、元代表で先の韓国総選挙で国会議員となった尹美香(ユン・ミヒャン)氏の疑惑が報じられた。この内部分裂が意味するところは、慰安婦問題が“偽物の人権”を掲げる団体に長らく支配されていたということだ。

尹美香氏 ©︎時事通信社

 挺対協の罪は大きい。時にウソの理屈を振りかざし韓国人の中にある反日感情を刺激し、不条理な発言を繰り返すことで日本人の中に“嫌韓”という意識を根付かせた。

 はたして挺対協とはいかなる組織なのか。

 彼女らの実態をよく知る日本人がいる。

 その女性の名前は臼杵敬子氏という。ライターとして女性問題に関心を深く持っていた臼杵氏の人生は、1990年に韓国太平洋戦争犠牲者遺族会の被害者たちと出会って一変する。臼杵氏はその後の半生を、遺族会を支援するための活動に費やした。90年代から議論が始まった日韓歴史問題を、最も間近で見つめてきた日本人の一人であるともいえよう。

 臼杵氏は支援活動のなかで多くの元慰安婦との交流を持ち、2007~2017年春までは、元慰安婦を巡回し福祉支援を行うという外務省フォローアップ事業の民間担当者としても尽力してきた。

 ある意味では韓国人より元慰安婦に寄り添ってきた女性である臼杵氏の、最大の障壁となったのが挺対協だったーー。

 本連載では臼杵氏が見た、なぜ慰安婦問題が歪んでしまったのか、その真実について回想してもらう。そして挺対協とはどのような組織だったのかを、当事者として批評してもらおうと考えている。(連載1回目/#2に続く)

韓国人、韓国を叱る: 日韓歴史問題の新証言者たち」 (小学館新書)

名乗り出た第1号と言われている金学順さん

「私の青春を返して欲しい」

 1991年12月6日、東京地裁での記者会見で金学順さんは涙ながらにこう語りました。この言葉と共に、慰安婦問題のニュースは世界を駆け巡りました。

記者会見で涙を流す、「慰安婦第1号」とされる金学順さん ©︎勝山泰佑

 慰安婦と名乗り出た第1号は、金学順さんと言われています。でも、後述しますが私にとっては、その前にも元慰安婦だと名乗り出た女性はいたので、第1号という感覚はありませんでした。

 私が金学順さんと出会ったのは91年11月25日のことでした。

 私たちは「日本の戦後責任をハッキリさせる会(通称・ハッキリ会)」を結成して、韓国人の戦争被害者で作られた太平洋戦争犠牲者遺族会を支援する活動を行っていました。太平洋戦争犠牲者遺族会は91年12月6日に、東京地裁で日本政府に対して〈戦後補償〉を求める提訴を行いました。その準備の為に、私たちが被害者のヒアリングを行っているなかで出会ったのが金学順さんでした。

 金学順さんは挺対協の調査を受け、91年8月に実名で慰安婦と名乗り出た女性でした。その後、彼女は私たちの活動を知り、太平洋戦争犠牲者遺族会に「裁判をするなら私も原告になりたい」と言ってきたようでした。