昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「どうせウマくないでしょ」から大逆転 横浜郊外フードコートのそば屋に行列ができた“商売の鉄則”

2020/06/23

 ここ2~3カ月の間に、多くの大衆そば屋・立ち食いそば屋が閉店した。青砥の「青砥そば」、豊洲東雲の「てっちゃん」、田町の「丸長」、御茶ノ水などの「そば新」、春日の「源太郎そば」、六番町の「ゆで太郎」、秋葉原の「六文そば 昌平橋店」、米原駅の「井筒屋」など、契約満了やビルの建て替えなどとともに消えていった。コロナの影響が拍車をかけたのだろう。

 5月25日、東京都の緊急事態宣言は解除されたが、せめて感染者ゼロが1週間続いてからにしてほしかった。これからは自衛で二次感染を防がなければならない。過酷な日々が続きそうだ。

 しかし、飲食店経営者にとっては、そんなことは言っていられない。死活問題である。解除後は今までの未曾有のマイナスをモーレツに回収しないとならないのだ。生き残りと復活への日々が続いていくわけである。

横浜郊外フードコート、大衆そば屋の実力は?

 郊外にある複合型のショッピングセンターも4~5月は軒並みクローズ。フードコートももちろん閉鎖されていた。それが5月末から6月に入りようやく再開され動き出したようだ。

 そこで、梅雨入りした6月半ばの土曜日、神奈川県横浜市都筑区のセンター北駅近くにあるノースポート・モールにあるそば屋「二八蕎麦 久右衛門」を訪ねてみることにした。

 午前10時半、ノースポート・モールはまだ買い物客は少なめで、10時から営業しているフードコートもお客さんはちらほら。

梅雨入り後の土曜日のセンター北駅
ノースポート・モールも5月25日から再開していた
「二八蕎麦 久右衛門」はノースポート・モールの3階のフードコートにある
そばのメニューも豊富でみやすい
鰺ご飯やかつ丼、親子丼の二八蕎麦のセットメニューが人気とか

きりっと冷えてコシの強いそば

 さっそく、人気の 「二八蕎麦セット(甲)冷(もり蕎麦+鰺ご飯(小))」(680円)を注文した。待つこと3分くらいだろうか、無線端末にお知らせが来たので、受け取りに行く。そして、6人掛けの大きなテーブルに座って、まず、そばを一口食べてみた。