昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

続いてもしも島内宏明と一緒にお立ち台に上がったら……

 続きまして、もしも島内宏明と一緒にお立ち台に上がったら……。

【辰己涼介架空ヒーローインタビューwith島内宏明】

――今日のヒーローは辰己涼介選手と島内宏明選手です。まずは今日5打数4安打の辰己選手、好調の要因は何かあるんですか?

辰己 えー、じつはぁ~昨日コンビニ行ったら島内さんにバッティング教えたおばあちゃんに声かけられまして、僕も言う通り打ったらこれですわぁ。ありがとう! おばあちゃ~ん。

島内 ニコニコ。

――島内選手はスリラー打法とも言われてますが、今日の自分の打撃に名前をつけるなら?

辰己 無茶振りやな……、ほな、えー、フルスイングしたんで、無茶振りで。無茶振り打法で。

島内 ニコニコ。

――島内選手は本日辰己選手を上回る5打数5安打ですが辰己選手いかがでしょう?

辰己 いや、もう島内さんは天才バッターなので、バッターボックスに集中で、左中間はまかしといて下さい!

島内 マジか、ありがとう。ニコニコ。

 わあああー。

最後に辰己涼介お立ち台with則本昂大

 最後はやはり、則本昂大投手とのお立ち台を妄想。

【辰己涼介架空ヒーローインタビューwith則本昂大】

――今日のヒーローは無四球完封勝利の則本投手と3度の大ファインプレーの辰己選手でーす。辰己選手7回、8回、9回と大ファインプレーでしたね!

辰己 えー、どうも毎度おなじみ守備の人でーす。そして本日の主役は滋賀の人でーす。

則本 おい、お前、イジってきとるやんけ。

――特に9回は抜けていれば逆転タイムリーになっていましたが、ジャンプ一番、グラブにボールをおさめた時の気持ちを教えて下さい。

辰己 まるでイヌワシの様に飛べましたね。僕鳥人間ですわっ。鳥人間コンテストにも挑戦したいです。

則本 ちょっとイジってるやろ。

――しかし則本さん、ホームランに匹敵するようなスーパープレーでしたよね?

則本 いや、守備は守備です。守備の人です。ホームランではないです。ただほんとありがたかったですねっ。

――エースから感謝の言葉が贈られましたが辰己選手いかがでしょう?

辰己 ほんとありがたいです。ついでに近江牛も贈ってほしいし、一緒にミシガンも乗りたいです。

則本 お前もうええって(笑)。ふなずし贈ったるわ。

 わああー。

 走・攻・守いや、走・攻・口・守4拍子揃った辰己涼介選手から今後も目が離せない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/38710 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー