昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ニュース, 社会

梯容疑者とバーを訪れた“IT会社員のジャニーズ系イケメン”

「彼女がウチの店に来たのは今から1年半前ぐらいです。きっかけは、もともとウチの常連だったIT関係の仕事をしている20代のジャニーズ系のイケメン。彼が連れてきたんです。それからは他の常連客とも打ち解けて、店で待ち合わせをするようになり、2、3カ月に1度くらいのペースで来ていました。

 2019年の大晦日のカウントダウンにも来ていましたが、カウントダウン後、終電で帰った記憶があります。子供がいたなんて、(報道を見るまで)全く知りませんでした」

夏祭りを訪れた梯容疑者(梯容疑者のインスタグラムより)

「のんたん」「ママ、ママ」

 梯容疑者は自らのインスタグラムに頻繁に友人らと楽しげに外出する様子をアップしている。カフェ巡りや夏祭り、アイススケートなどへ友人と訪れている写真が並んでいるが、そこには稀華ちゃんの姿は写っていない。しかし、自宅付近のコンビニでは、稀華ちゃんを連れた梯容疑者の姿が目撃されていた。

「2年前ぐらいから稀華ちゃんを連れてよく来ていました。梯さんは稀華ちゃんを『のんたん』と言って可愛がっていて、稀華ちゃんもいつも(梯に)くっついていて『ママ、ママ』って離れないような感じでした。

 彼女に『旦那さんは?』って聞いたことがあるんですが、『ウチにいます』って言っていたので、夫婦で暮らしていると思っていたのですが、今回の報道で(シングルマザーだったことを)初めて知りました」(コンビニのオーナー)

鹿児島在住の元同僚男性は「別れたかった」

 しかし、今年に入ってから稀華ちゃんの姿を見かけなくなったという。

稀華ちゃんの写真は限られた友人だけに公開する別アカウントのインスタグラムにのみ投稿されていた(梯容疑者のインスタグラムより)

「今年に入ってからは稀華ちゃんと一緒にくることがなくなり、彼女が最後に1人で来たのが6月上旬ごろだったと思います。今、考えれば元気のない感じだったのでもう少し話を聞いてあげていれば、って悔やみます……」

 梯は何かに思い悩んでいたのだろうか。稀華ちゃんを放置してまで会いにいった鹿児島在住の元同僚男性は、「『家には(梯が)来たけど、別れたかった』と話している」(別の捜査関係者)という。
 

この記事の写真(5枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z