昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/07/27

 次にやるべきことは、自分の不安の正体を知ることです。自分は何に不安を感じるのか。お金がないことなのか、お金がないと何が怖いのか、あるいは職という形で社会から認められている、その基盤を失うことが怖いのか、基盤がないとなぜだめなのか……いわば不安の解剖をするのです。

©iStock.com

 これは前頭前皮質を駆使する作業です。最初はしんどいかもしれませんが、徐々に慣れて前頭前皮質も鍛えられ、不安な感情の取り扱いが上手になっていくはずです。うまく解剖できないなと思ったら、紙に書き出してみるのもいいでしょう。自分は何を不安に思っているのかをリストアップし、自分はどうしていきたいのかという青写真を描いて、その青写真を実現させるには何が足りないのかを書き出します。

 足りないものがわかったら、それをなるべくコストをかけずに実現するにはどうしたらいいかを考える。すると、あとはそれを実行に移すだけですから、もう不安を感じている暇なんかなくなります。

 在宅勤務になった今は、通勤の時間を節約できているわけですよね。つまりあなたには時間があって、まだまだスキルを次々と自分のものにできる若さと体力というリソースがある。不安な気持ちだって、頑張ろうという意志の源になるなら、それはもう才能なんです。私から会社をリストラしてやるわというぐらいの気持ちで、自分をブラッシュアップしていってください。

◆ ◆ ◆

中野信子さんにあなたのお悩みを相談しませんか?​​
みなさまのお悩みを woman@bunshun.co.jp(件名を「中野信子人生相談」に)もしくは〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23「週刊文春WOMAN」編集部「中野信子の人生相談」係までお寄せください。匿名でもかまいませんが、「年齢・性別・職業・配偶者の有無」をお書き添えください。

text:Atsuko Komine

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春WOMANをフォロー