昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

成城石井のどデカいイタリアンプリン 凍らせて食べるとなお美味しい

source : CREA WEB

genre : ライフ, グルメ

“固めプリン”の波が 成城石井にも到来!

成城石井 マスカルポーネもっちりイタリアンプリン 1,090円。

 今日のおやつは、成城石井の「マスカルポーネもっちりイタリアンプリン」です。

 昨今ブームの“固めプリン”。喫茶店のみならず、セブン-イレブンやローソンなどのコンビニも固めのプリンをこぞって発売。濃厚なたまごの味わいと、プリプリとした歯ざわりが人気の秘密。

 その固めプリン流行の波が、高級スーパー「成城石井」にもやってきました。2020年5月に発売された新商品がこちらです。

会社近所の成城石井でラス1をゲット。今まで見たプリンのなかで一番大きい! 手にとると、ずっしりとした重さを感じました。

 このもっちりイタリアンプリンが、ほかと一線を画しているのは、その大きさ! 大人の女性の手のひらに乗り切るかどうか……くらいの、ドでかサイズ。最新のiPhoneよりも余裕で大きいです。

 原材料は生クリーム、たまご、砂糖、マスカルポーネ、牛乳、クリームチーズ、ゼラチンなど。

 そして気になるのはカロリー……。ただ、知らないまま食べたいかたもいるかもしれないので、ここはクイズ形式に。

 1個あたりのカロリーは、「197番目の素数」と同じでした。気になるかたは、がんばって素数を数えるか、検索してみてください(笑)。

 気にならないみなさんは、ガツッと食べちゃいましょう!

素朴なプリンは、切り分けて白いお皿に載せるだけでかわいい。
スプーンを入れると、むちむちっとした感触が。
いただきまーす!

 マスカルポーネを使ったプリン生地はもっちりとしていて、“固めプリン”界のなかでも相当上位のほう。濃厚な食感ですが、しつこい甘さはなく、たまごのコクと爽やかなチーズの後味を口のなかに残して溶けていきます。

 カラメルはゼリー状でぷるんぷるん。ほろ苦く、もちもちのプリン生地にアクセントを加えてくれます。

 濃厚な食感だけど、後味はあっさりしているから、飽きずにパクパクいけます。

 今気づきました。このプリンはヤバい。食べすぎちゃう……!