昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/10

優勝祈願のご利益は……

 この日も大雨。しかし、最寄りのバス停で降りた途端に雨は上がり薄日が差してきた。お参りをする前からいい気分である。緑に囲まれた綺麗な参道が迎えてくれ、手水舎の前には大きな球団のロゴマーク。縁の深い神社であることをすぐに感じた。

 すると虎柄の巾着袋を手にした男性が境内に。声をかけてみると愛知県から参拝に来たというタイガースファンの方だった。「スマホケースもタイガース、矢野監督の勝負パンツ、赤パンツも穿いています!」という熱さ。優勝祈願をされたあと甲子園で観戦するとのことで「私も今から優勝祈願しますんで大丈夫です! 楽しんできてください!」と束の間の同志との時間を終えた。

 そのあとしっかりお参り。

お参りする筆者 ©市川いずみ

・タイガース優勝
・私の雨女と青柳投手の雨男の厄除け
・本厄の私自身の厄除け

 3つ目は完全に欲張ってしまった。

 最後はタイガース絵馬をしっかり納めて任務完了。絵馬はしっかり“予祝絵馬”にした。

タイガース絵馬 ©市川いずみ

 さぁ、優勝祈願のご利益は……

 なんと参拝した日にタイガースは最下位脱出。7月は14勝8敗2分けと一気に借金を返済した。長い長い梅雨が明けて一気に夏がやってきた。しかし急激に気温が上がったこともあってか、今度は早くも夏バテ気味のタイガース。負けが込んできたらまた廣田神社にお邪魔します。

優勝祈願 ©市川いずみ

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/39261 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(4枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

阪神タイガースの記事一覧