昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【トップ100を一挙発表】「AKB&坂道グループ オールタイム総選挙2020」Part2

篠田麻里子、渡辺美優紀、山下美月、森田ひかる、渡邉理佐、齊藤京子、須田亜香里……

 40位台の有名メンバーとしては、41位にランクインした川栄李奈。2019年に俳優の廣瀬智紀と結婚し、11月に出産をしました。出産後も、現在公開中の映画「ステップ」にも出演していて、女優として活躍中。テレビCMにも引っ張りだこです。47位の高山一実は、小説デビュー作「トラぺジウム」(角川文庫)が25万部を超える大ヒット作となりました。

●49位 松田好花(21・日向坂46)

「どんなことにも積極的に、貪欲にチャレンジする姿勢が素晴らしいと思います。『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)の前身番組『ひらがな推し』(同前)のキン肉マン企画では、アイドルと無縁のキン肉マンに関する知識をしっかりと予習し、大活躍を見せました」(28・男性)

「バラエティー班の多い日向坂でも高いバラエティー力を示していてすごく明るく盛り上げられる存在だと感じています。また握手会などのファン対応もすごく良く真面目で努力家らしいのでそのような一面も含めて好きです」(18・男性)

「彼女の笑顔が今まで見たどんなアイドルよりもかわいいと思い、魅力的に感じたから。そして、誰よりも努力家で番組で共演しているオードリーさんをとても信頼していて、私もその影響で『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)を聴くようになったから」(17・男性)

松田好花 ©文藝春秋

●49位 久保史緒里(19・乃木坂46)

「オタクっぽくて歌、芝居、ダンスと全体的になんでもこなすところ」(40・男性)

「現役メンバーの中での1番な推しメン。清楚さと儚さを持ち合わせてて守りたくなる」(25・女性)

「バナナマンがMCの乃木坂の冠番組で加入したばかりの3期生の紹介を兼ねたVTRを見た時、この子だけ他の子とは違うオーラを感じた。オタク受けする要素なら同期の与田や山下なのかも知れないが、儚げで印象的な美貌の持ち主で、歌唱力・演技力を兼ね備えている彼女はアイドルを卒業しても末長く芸能界で生き残っていけそうだと思った。4期も含め乃木坂はいかにもアイドル的な子がセンターに立つイメージがあるが、彼女をセンターにしたらぐっと雰囲気が変わると思う。一番将来が有望な人だと思う」(46・女性)

●49位 山内瑞葵(18・AKB48)

「実力あるし、素直そうで、頑張る姿を見ると、応援したくなるから」(42・女性)

「パフォーマンスクイーン!」(50・男性)

「AKBグループの現センターは眩しいほど輝いている。ダンスメンかと思いきや、センター曲での笑顔は最高にかわいい。伸び代ありますしね」(56・男性)

●49位 東村芽依(21・日向坂46)

「あの小ささと可愛らしさで運動神経がいいギャップがいい」(20・女性)

「顔、仕草ともにめちゃくちゃかわいくて、人見知りがあるところとか、声小さいけど、いざとなると大きい声出せるところとか、ダンスが得意なところとか、全てが本当に大好きだから」(23・女性)

「パフォーマンスがかっこいい」(23・男性)

●49位 峯岸みなみ(27・AKB48)

「みーちゃんは色々あったけどなんだかんだ嫌いにはなれない推し。ずっと頑張っててほしい」(33・女性)

「一期生の時から見ていて色々とお騒がせメンバーですが、つい応援したくなる(^^) 高飛車じゃない感じがとても好印象。トークがとても上手で、いじられても笑いで返すのがとても上手なので、AKBを卒業してもタレントとして上手に芸能界を生きていけそうでずっと応援してます」(30・女性)

「歌もダンスもトークも全部出来るし、かわいいところが大好き」(17・女性)

峯岸みなみ ©文藝春秋

●48位 衛藤美彩(27・元乃木坂46)

「アンダーから握手会を頑張って選抜入り。乃木坂初の卒業ソロコンサートを実施。努力の人だから」(29・女性)

「大分県出身で『週マガ』の表紙に載ったころから応援していたので」(41・性)

「とにかく美形!」(61・男性)

●47位 高山一実(26・乃木坂46)

「バラエティー番組での活躍がすごい。品がありつつも、面白いコメントができるところが才能」(21・女性)

「乃木坂の中では、バラエティ番組の適応能力が抜群でありデビュー当時と比べて最近ますます綺麗になってきた印象である。かずみんの魅力は、とにかく明るいところで雛段芸人にも引けをとらない才能がある」(56・男性)

「バナナマンがMCの乃木坂の冠番組が始まって間もない頃、罰ゲームをどうしても受けられない白石麻衣の代わりに『誰か罰ゲーム受けたい人?』とバナナマンが聞いた時に、人の代わりに罰ゲーム受けたいアイドルなんているのかと思ったが手を挙げて罰ゲームを代わりに受けたのが彼女だった。バナナマンがMCをやると言うので興味本位で見始めた乃木坂の冠番組だったが、初期はメンバーがすぐ泣くし、企画にご褒美がないと不服そうな態度を隠しもしないし、バナナマンが『もっと盛り上げろ!』とメンバーにダメ出しをした事も何度もあった。そんな中彼女が率先して盛り上げ、企画を成立させていた姿が印象的だった。目立つメンバーではないが、縁の下の力持ち的存在だと思う。その頑張りが数年後のピンとしてのバラエティー出演にも繋がっていると思う。TBSの『オールスター後夜祭』のアシスタントもちょうど良いアシストぶりと笑顔で、とても楽しめています」(46・女性)

●46位 吉田朱里(23・NMB48)

「NMBの1期生としてアイドルも手を抜かず頑張りつつAKBでも活躍していて、YouTubeもしつつメイクやお洋服のプロデュースもしていてとても努力していると感じるからです。どの活動もNMBのためにと自分でできる限りのことを全力でしていて誰にも真似出来ないと思うからです」(16・女性)

「めっちゃ努力して今の地位まで上がってきたと思う。YouTubeやアパレルブランド、コスメブランド、フェスの企画、など多岐に渡る活躍は本当にすごい」(17・男性)

「アカリンは現役NMB48のメンバーとして頑張っています!YouTuberとしてもアイドルのメイク術や対談などの動画をあげてファンとの交流を大事にしてくれています。自身がプロデュースするコスメブランドや『Queentet』というユニットでも活動して多彩な面で活躍しています。NMB48の一期生として頑張ってくれているしAKB48の選抜にも選ばれていてNMB48だけじゃなくAKB48グループとして今やなくてはならない存在になっています。そんな彼女は決して弱音を吐いたり逃げたり諦めずにここまでやってきたことは誰にでもできることでは無いと思うしアカリンだからできたと思います。だからこれからNMB48を卒業したとしても私は応援し続けるしこれからメンバーとしての活躍も期待しています! 頑張ってね!!」(13・女性)

●44位 須田亜香里(28・SKE48)

「握手会の神対応は48グループNo.1です」(49・男性)

「松井珠理奈さんがお休みしたあとのSKE48を牽引してきた力は、すばらしいと思います」(58・男性)

「元気で明るいところが良いと思います」(43・男性)

須田亜香里 ©文藝春秋

●44位 丹生明里(19・日向坂46)

「とにかく天使。笑顔が神。天然すぎる。太陽のような存在」(16・女性)

「日向坂のオールラウンダーぶりには、目を見張るものがあります。中でもにぶちゃんはリアクションの大きさとかテレビ向きでよい!」(37・男性)

「世界一のピュアだから。『フォートナイト』好きなところも推せる。オードリー春日の贔屓メンバーだから。変な靴下を色んなメンバーにプレゼントしてる」(15・男性)

●43位 向井地美音(22・AKB48)

「意外とマルチなタイプで、大島優子ちゃんが次の『ヘビーローテーション』のセンターとして指名した時から注目し始めたけど、何でもサラッとこなしているように見えるところが大好き。総監督という立ち位置を選んだ賢さも好き」(51・女性)

「今の時代の48グループと真剣に向き合い、支えている姿が頼もしい」(55・男性)

「『AKB48が好きだから』と話す彼女の裏側には幾つもの苦悩があるだろうが顔にも出さず頑張る姿は素晴らしいです」(43・男性)

●42位 渡邉美穂(20・日向坂46)

「いじられたりしたときの反応がかわいいところと、いろいろ吹っ切れてきてるようなところが好き」(16・男性)

「運動神経抜群でめちゃくちゃかわいい。オードリー春日さんの公式ライバルなのも面白い笑笑」(14・女性)

●41位 川栄李奈(25・元AKB48)

「仕事に子育てにと凄く頑張ってる。AKBにいた頃はお馬鹿キャラだったが今は立派な女優になったと思う」(41・女性)

「グループ在籍当時よりも知名度が上がり、女優としての新たな一面を見せてくれた。AKBグループの中で1番表現力のある女優さんだと思う」(20・女性)

「演技力の高さは、AKBグループOGの中でもピカイチだと思います。『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の新人ケースワーカー役は、特によかった」(56・男性)

「可愛さもさる事ながら、演技力や頭の回転など武器も多く何より一生懸命」(36・男性)