昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

渡辺麻友を白石麻衣、山本彩、大島優子が猛追!「AKB&坂道グループ オールタイム総選挙2020」ベスト20発表

AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46…

現役vs.OG 1番人気は誰だ?

 現役から卒業生まで、AKB48グループ、坂道グループに在籍したすべてのメンバーの中から“真のセンター”を決めてしまおうという「AKB&坂道グループ オールタイム総選挙」。大好評だった2大アンケート企画「オールタイム・ベストAKB48総選挙」と「坂道グループ 勝手にオールタイム・ベスト総選挙」の2つを、初めてドッキングさせた大アンケート企画となりました。

 2009年から開催されていた本家「AKB48選抜総選挙」は、“NGT暴行事件”が問題になった2019年から2年連続で開催されていません。そして現在は、新型コロナウイルスの影響でライブや握手会も中止になっています。大コンセプトである「会いに行けるアイドル」のあり方は明らかに“曲がり角”を迎えており、大手芸能事務所を退所するアイドルも相次いでいます。

 そんな“アイドル大変革期”の現在、総勢1000人以上に及ぶ、日本のトップアイドルグループにおいて、運営から推されて目立つのではなく、ファンやお茶の間から真に求められているメンバーは、いったい誰なのでしょうか。

 今回のアンケートでは、下は12歳、上は86歳まで、計3591人の読者から投票をいただきました。一体どのようなランキングになるのでしょうか。さっそくトップ20をカウントダウン方式で発表していきます。

 ※ポイントは1位=5点、2位=3点、3位=1点として集計しました。


●20位 小坂菜緒(17・日向坂46)「関西弁もキュートなポスト西野七瀬」

 2019年3月に発売された日向坂46のデビューシングル「キュン」から4作連続でセンターを務めています。アイドル活動だけでなく「Seventeen」の専属モデルとして活躍し、公開日未定の映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」にも女優として出演が決まっています。

小坂菜緒

「17歳で日向坂のセンターを務めていて、バラエティーなどではあまり自分から発信していくタイプでは無いのに頑張っていてかっこいいと感じるから。自分よりも年下なのにすごく立派で尊敬と憧れさえも感じる子」(18・男性)

「グループの顔としてセンターを4作連続で務め、同い年とは思えない程のかわいさと責任感があり、それに対して個人的に尊敬の念を持っている」(17・男性)

「日向坂を牽引するフロントマンとして期待」(28・男性)

「改名後、4作連続でセンターを務める美少女。時々出る関西弁もキュート。なんといっても顔立ちがよく、どんな格好をしても似合うしかわいい。スタイルも良く、モデルもできる天才。ひらがな(けやき坂46)時代から『半分の記憶』などでセンターをしていたが、ちょっとネガティブ思考が入っているのもかわいい」(14・女性)

「大阪出身で爬虫類好き、大人しい性格で守りたい感があるなどポスト西野七瀬となりそうなメンバー」(25・男性)

●19位 長濱ねる(21・元欅坂46)「アイドルとしての完成度は今でもダントツ」

 2017年12月に発売した写真集「ここから」(講談社)は発行部数20万部を超え、2018年上半期写真集ランキング1位の大ベストセラーに。多くのバラエティー番組にも出演し、欅坂46の“裏センター”として活躍していた長濱ですが、2019年7月に突如グループを卒業。表舞台から遠ざかっていましたが、今年7月7日放送のドキュメンタリーバラエティ「セブンルール」(フジテレビ系)への出演で、約1年ぶりに芸能界復帰。ファンは歓喜の声を上げました。

長濱ねる

「アーティスト扱いの欅坂46の中でもビジュアルメンバーとして売り出せるルックス。細居幸次郎氏が手がけた、長濱ねる1st写真集『ここから』はアイドルの王道中の王道」(41・男性)

「絶対的センターとして平手友梨奈が君臨した欅坂46にあって、パフォーマンスでは決して目立つ存在ではなかったが、人気は平手に次ぐものがあり、個人でのバラエティー番組等での活躍はNo.1だった。けやき坂46(ひらがなけやき)は彼女のために創設され、それが今の日向坂46につながっている。2018年上半期の写真集売上1位、坂道AKBでは2代目センターを務めている。欅坂46一番のインテリであり、ドラマやバラエティーでますます活躍することが期待されていたのに、突然の卒業。その潔さもNo.1」(63・男性)

「卒業して芸能界を辞めたのも凄く寂しいけど欅坂で今でも一番好きなメンバー! アイドルとしての完成度は今でもダントツだと思う! 欅坂ではなくてひらがなけやき、日向坂で輝く姿を見たかったです」(14・女性)

「ルックスも良いが、知的な部分ではグループ1でないかと思われる。卒業が残念」(45・男性)

「欅坂46じゃなくて日向坂46で輝くねるちゃんを見たかった! 欅坂で唯一世間に平手友梨奈以外でちゃんと認知され人気になったメンバーだと思う! 平手ちゃんだけじゃなく、ねるちゃんにも2、3枚目からセンターをさせてれば欅坂46が今の状態になる事は無かったと思う」(18・女性)

●18位 松村沙友理(27・乃木坂46)「バラエティーのセオリーをわかっている人」

 乃木坂46でデビューから人気を獲得し続けている“乃木坂御三家”の1人です(残り2人は白石麻衣、橋本奈々未)。「CanCam」の専属モデルを務めている一方で、高い“バラエティー力”が評価されています。女優としてもドラマ・映画「賭ケグルイ」に出演し、アイドル役が好評でした。

松村沙友理

「笑顔も素敵で面白くてぶりっ子してても許される可愛さ! 見ていて幸せな気持ちになるし、松村沙友理ちゃんみたいな女の子になりたい! 女の子の可愛さをギュッと集めて具現化した存在!」(18・女性)

「にっこり満点な笑顔がとにかく可愛い! バラエティー番組での頭の回転の速さも凄くてさゆりんご軍団での作詞した曲も数十曲! CanCamの専属モデルでもあるし、ここまで有能なメンバーは坂道全体でも居ないと思う! もっともっと評価されて欲しい!」(31・男性)

「スキャンダルからの驚異の回復力。いつまでも衰えないルックス」(29・男性)

「バラエティーのセオリーをわかっている人。今、何をすれば、どんなことを話せばいいかなど、瞬時に理解できる人。過去のスキャンダルが忘れ去られるほど、持ち直したことにも感心」(26・女性)

「乃木坂を好きになったきっかけ。笑顔も素敵で、可愛いし面白いし、元気を貰えるアイドル! 番組でもさゆりんごが居る時と居ない時じゃ楽しさや面白さがぜんぜん違う! 居るとその場を明るくする存在! まいやんも卒業しちゃうのでさゆりんには少しでも長く乃木坂に居て欲しい!」(17・女性)