昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

●1位 渡辺麻友(26・元AKB48)「スキャンダルもなく夢を与え続けた、まさに本物のアイドル」

 2位と大きく差をつけ、堂々1位に輝いたのは渡辺麻友。AKB48の初期からグループの中心メンバーを担っていて、「AKB選抜総選挙」では9年連続で“神7”入りを果たしました。グループ卒業後、連続テレビ小説「なつぞら」(NHK)では主演の広瀬すず(22)の同僚役で好評を博しました。多くのアイドルに憧れのアイドルとして名前を挙げられている渡辺ですが、6月1日に、健康上の理由で芸能界引退が発表され、ファンのみならず多くの著名人から惜しむ声が溢れました。

渡辺麻友

「アイドルと言えば完全に渡辺麻友。最後の神セブンで、AKB初期からずっと支えていた印象が強く、オールタイムにふさわしい」(30・女性)

「私生活を一切明かさず、SNSを最小限にするなどアイドルに徹した姿勢はセンターにふさわしいし、ビジュアル的にも、醸し出す雰囲気的にも申し分ありません! もっと、もっと評価されるべきAKB のシンボルです。設立初期の乃木坂への応援は特筆すべきものがあります。今、乃木坂が本家を凌ぐ存在になったのも彼女の影響が大きかったと思います。『まゆゆ』が駆けつければ乃木坂のメンバーが『天使さんが来てくれた!』と沸いたと聞きましたよ!」(79・男性)

「最強アイドルはまゆゆこと渡辺麻友ちゃんでしょ!! AKB48の3期生として加入し、あっちゃんや優子ちゃん達の背中をみながら成長し、偉大な先輩達が卒業した後もAKB48グループの先頭にたって守り続けた姿は賞賛! やはり、麻友ちゃんは唯一無二のアイドルだと思います!!」(45・男性)

「アイドルとしての彼女が2次元過ぎて推さざるをえなかった。私の中の完璧なアイドル像でプライベートを見せない、不必要に個人情報を出さない。そして何よりスキャンダルも無くおねだりをしない等の、裏側を見せずどこから見ても綺麗なところが本当に好き」(30・女性)

「初期からCGアイドルで、完璧すぎるので、人間感がない。あっちゃん卒業発表から、ちょっと自分を表にだして、渡辺麻友の意志がどんどん強くなって、さらにAKBから卒業のあと、ミュージカルの主演を務め、驚くほどの成長にまたこころを掴まれた」(28・女性)

「現役、引退後も常に真摯に仕事に向かい、崇高な信念にも思える生真面目さと妥協を許さない厳しさで何事も120%で臨み続ける姿は正に感服します。それも、何物にも替え難い可愛さがあってこそなのは間違いありません」(57・男性)

「些細なスキャンダルも許さないという近年の風潮からすると、ルールを守ることにこだわり続けた彼女が真のセンターに相応しい」(35・男性)

「ザ・アイドル。アイドルとしての意識の高さ、ソロはもちろんグループのセンターでより輝きが増すところはもう最強のアイドル」(40・男性)

「AKBグループのほぼ初めから黄金期まで活躍し、神7に最初から入っていてグループを高め、アイドルとして自分の青春をすべてファンの為に送った第一人者です」(70・男性)

「渡辺麻友は長い間彼女を見ていませんが、私の目にはいつも彼女が一番輝いています。遠く中国にいるとき、私は強大な麻友を見るたびにとても興奮します。 健康で幸せな生活が続きます! 彼女が幸せなとき、私はとても幸せです」(22・女性)

「AKBの活動中ずっとメディアの最前で露出していて一際目を引く美少女が美女に変わっていく姿に非常に惹かれたため」(46・男性)

「私に夢をくれたから。何年たっても忘れない輝きを麻友ちゃんから感じたから。アイドルになるために生まれてきたアイドルで誰よりもストイック」(16・女性)

「まゆゆの眩しい笑顔に惚れました。無邪気でキラキラしていて、天使みたいですよ。とにかく一目惚れしていました! いつも全力でまゆゆちゃんを応援したいと思います!!!」(24・女性)

「正統派アイドルだから。ステージに立っている時にオーラを感じた。スキャンダルもなく、みんなに夢を与え続けた、アイドル中のアイドルだと思う」(52・女性)

「アイドルとは、を自問し貫いた姿勢が素晴らしい。実はかなり、ユニークで突飛な性格だと思うのだけれど、求められているらしさに対して正直で誠実であろうとしていた」(46・男性)

「AKB48をずっと支えて来たし、あっちゃんとゆうこが卒業した後まゆゆはAKB48の顔になって新しい世代にバトンを繋げた人だから。まゆゆがいなかったら、AKBは紅白などの一流番組に出られていないと思います」(15・男性)

「昭和世代から見て現代のアイドルはアイドルではあるがアイドルらしからぬ方がウケているようだが、まゆゆはいわゆるアイドルを貫き、まさに本物のアイドルだった。AKB48がなんだかんだ言っても現代の女性アイドルど真ん中の存在だからこそ、まゆゆのような存在を生み出せたんだと思います」(48・女性)

「正統派アイドルのまゆゆ、絶対的エースの前田敦子さんと大島優子さんが卒業後、まゆちゃんはその小さな体でAKBを守った。真面目でコツコツやると、絶対報われる日が訪れると、彼女は身を張って証明しました。その堂々としていた背中は後輩たちに影響し続けるでしょう」(20・女性)

「ルックス、歌、ダンス、アイドルとしての立ち振る舞い、品格、全てにおいて完璧。また、まゆゆに憧れてアイドルになったアイドルも多く、メンバー人気も高い。公演やコンサートのファンサービスも素晴らしく、握手会でもファンに合わせた話し方、トーク内容で楽しく、ファン思いな部分が伝わってくる神対応。熊本在住で熊本地震の後、何とか駆けつけた握手会では手をギュッと握りしめてくれました。推して間違いないです」(46・女性)

「ツインテールの圧倒的な可愛さが今でも鮮明に記憶に残っています! あれほどの人気でノースキャンダル、マイクの持ち方や立ち方までが綺麗で、アイドルのプロフェッショナルという印象です! アイドルが憧れるアイドル! 次に生まれ変わるなら、まゆゆみたいなアイドルになりたいです!」(17・女性)

 7月25日(土)に放送した「文春オンラインTV」では、本ランキングを記者の解説を交えて発表しました。

この記事の写真(38枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー