昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

●14位 小嶋陽菜(32・元AKB48)「常にアップデートされている」

 初代“神7”のひとりで、グループの中心的存在のメンバーでした。AKB48卒業後も、「MAQUIA」の専属モデルを務めるなどファッションの世界でも活躍しています。自身がプロデュースするアパレルブランド「Her lip to」は若者の間で人気を博しています。

小嶋陽菜

「こじはるの魅力は、とにかく美人であり、いつまでも可愛いところ。天然でふわふわしているようで実は、頭が良く賢くてAKB卒業後の人生設計もしっかりしている点が素晴らしいと思う。自己プロデュースに長けていて、今までやりたかったファッションの仕事も成功しているようだし、卒業コンサートもほとんど自分で仕切って大成功をおさめたところもセンスの固まりであり天才である」(56・男性)

「常に神セブンというわけではなかったが、大事な時にしっかり居て存在感があった」(26・女性)

「フワッとした印象と可愛い声が大好き。ブランド経営も順調で、学校の勉強はできないけど、起業家としての才能があって、頭がいいところが特に好き。大島優子ちゃんと仲良しで、恋人的な存在なのも理由の一つ」(51・女性)

「毒舌な所が面白いです。『有吉AKB共和国』(TBS系)での(有吉弘行との)毒舌コンビも好きでした」(38・女性)

「可愛い、綺麗どちらも兼ね備えている。今もSNSはフォローしていて、プロデュースしている洋服も可愛い」(24・女性)

「甘い顔立ちと抜群のスタイルが女でも惚れ惚れするほど魅力的です! プロデュース力も半端なくて、今現在もアパレル等で活躍していて、常にアップデートされているイメージ! ゆったりした話し方や天然なところも大好きです!」(17・女性)

「美しくて、感性、生き方もかっこよくて尊敬しています。ブランドの作品はどれも美しくて見ているだけで背筋が伸び、洋服を着るということは何かと考えさせられます」(33・女性)

●13位 橋本奈々未(27・元乃木坂46)「もはや伝説になった人」

 乃木坂46在籍時は、すべてのシングルで“福神”と呼ばれるフロントメンバーを務めていた人気メンバーでした。2017年に乃木坂46を卒業し、芸能界を引退してから約3年が経ちましたが、今でもファンの間では“橋本ロス”がおさまらないといいます。

橋本奈々未(写真集「やさしい刺」幻冬舎)

「乃木坂好きになったきっかけは橋本奈々未さんです。乃木坂46を卒業されて(引退後)3年以上になりますが人気はトップ。卒業しても、ななみんが一番ですね。センター曲は『サヨナラの意味』だけですが、何度もセンターの依頼は運営サイドからあったと聞きます。乃木坂メンバーでは数少ない福神メンバーのひとりです。握手会でも毎回素敵な対応でした」(50・男性)

「もはや伝説になった人。卒業、芸能界を引退されて3年たった先日の誕生日にお祝いツイートが1万件を超える!」(41・男性)

「乃木オタの中で卒業した後も人気が高く、芸能界復帰の声が今でも沢山上がっているから。卒業シングル『サヨナラの意味』は乃木坂人気曲ランキングでいつも不動の1位に入っているから。御三家の1人でとても美しいから!」(14・女性)

「ジャニーズと共演したドラマと映画で観ていたので、確かにカワイイし演技も出来て良い印象だったし、引き際もお見事!」(52・女性)

「奈々未さんの考え方や家族思いなところ、ルックスが好き。共感できる部分がとてもあって凄く憧れた。引退したのはとてもショックだったけど、その決断が出来た奈々未さんの潔さにこの人を知ることができて、応援することができて良かったと心から思えた」(17・女性)

「乃木坂の伝説。御三家として乃木坂を支え続けて、さっと芸能界引退したこのレジェンドなしでは坂道は語れないと思います」(17・男性)

「私がアイドルにハマるきっかけになった人。この人がデビューしていなければ、アイドルオタクを生ぬるい目で見続けていました。それだけ、私にはアイドルという物とオタクという物の概念を崩すきっかけをくれた方」(32・男性)