昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

山口百恵は人間ではない。菩薩なのだ……百恵を知らない若者にも聞いてほしい、サブスク解禁9曲

2020/08/02

source : CREA WEB

genre : エンタメ, 芸能, 音楽

山口百恵楽曲600曲にクラクラ!

ファイナルコンサートより。美し過ぎて白く発光している山口百恵。 ©文藝春秋

「山口百恵の楽曲600曲がサブスクリプションで配信開始」。

 2020年5月29日(金)に流れてきたこのニュース。私は画面から百恵ファンの野太い「うおおおおおお!」という歓喜の雄叫びが聞こえてくる気がして、熱くなる目頭を押さえた。

 案の定、SNSは百恵フェスティバル&カーニバル!

 祭りなのになぜこんなに記事が遅れたか。答えは簡単。サブスクで聴きまくり時を忘れていたのである。

 そうこうしているうちに、御長男で歌手の三浦祐太朗さんの結婚ニュースまで飛び込んできた。彼の結婚について、私はある心配をしているのだが、それは後に書かせていただくとして。

 70年代青春を送った世代にとって、山口百恵はもはや人間ではない。菩薩なのだ。芸能界を引退してから40年経っているが、百恵の辞書に劣化という文字はなし。その愛はエターナル!

 ということで、今回の600曲配信は、国宝の仏像が40年ぶりに御開帳になるのと同レベルと思っていい。百恵さんの現役時代を知らない人もいると思うが、心して聴こう!

頭頂部に一本ひょっこり立っている髪の毛が悶えるほど可愛い山口百恵。 ©文藝春秋

 彼女がオーディション番組「スター誕生!」に合格し、デビューしたのが14歳。三浦友和との愛を実らせ、日本武道館のコンサートで引退したのが21歳。うぉうヤーング!

 世の中に認められ、阿木燿子、宇崎竜童、さだまさし、谷村新司などの大御所に愛され、実力、体力、美ともに最盛期でササッと引退って潔さ無限大……。

 私が百恵さんなら20代後半あたりでスポットライト症候群とやらに陥る。そして「くっそーさよならの向こう側から復活してやる!」とかイライラし、キルトを縫う針が震えて指をドカスカ刺し、血染めの作品を仕上げてしまう気がする。

結婚後に始めたキルト作品の数々が、1冊の作品集に。日本ヴォーグ社刊。

 しかし、百恵さんはひたすら静かだ。キルト作品もとても穏やかということは、ご家庭がよほど居心地がいいのだろう。

 そりゃそうよね、三浦友和様がパートナーですもの、ムキ―ッ!

 ……とまあ、百恵さんはいろんな意味で私を興奮させる。

 前置きが長くなってしまった。さあ、サブスクで聴ける山口百恵さんの名曲を、語り継がれる伝説とともに、プレイバック、プレイバック!