昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/02

source : CREA WEB

genre : エンタメ, 芸能, 音楽

百恵イズムにムラムラ!

「これは山口百恵しか歌えない!」。そう鼻息が荒くなる3曲をご紹介しよう。

●「愛の嵐」

 歌自慢の人はぜひ挑戦を。「storm(ストーム)」を連発するサビが超難しいぞ! ヘタをすると「ストンストンストン!」と階段から転げ落ちるような発音になり、歌の緊張感がゼロになる危険がある。舌を噛む危険もある。危険だらけなので皆の前で披露する前に1度は自主練習しておこう。 

●「横須賀サンセット・サンライズ」

 横須賀といえば百恵、百恵といえば横須賀。幼少期を横須賀で過ごしたということで、横須賀曲は数曲あり、シングル「横須賀ストーリー」は言わずもがな名曲。だが、この曲も冒頭の「横須賀ぁー↑↑」という百恵ちゃんの雄叫びが最高に高まるのでぜひこの機会にリッスン!

●「輪廻」

 強い百恵ちゃんを堪能できる一曲。どれだけ生まれ変わっても女に生まれてやるわ! ウフフ、アハハハ……という素晴らしく粋な曲。

百恵カバーおすすめ3選

 さて、このサブスクリプションで百恵楽曲にハマった人に、オススメカバーも3曲ほどご紹介。

●「謝肉祭」(三浦祐太朗)

三浦祐太朗の「I‘m HOME」。名盤。大事なことなので二度言おう。名盤。

 言わずもがな、三浦友和と山口百恵ご夫妻のご子息である。

「友和と百恵の息子、カバーアルバム出したってよ」と聞いた時は、坊や、一体なにを考えているの? と、炎上大コケを勝手に心配したものだ。

 ところがなんということでしょう。聴いてどハマりした。

 百恵の声が「意志が強い女性の声」だとすると、祐太朗の声はフラれた後もガンガン長文メールを送る「こじらせ乙女の声」である。

 さらにいえば友人に「ねえアンタあの人に遊ばれてるんじゃない?」と心配されても、「でもでも絶対あの人真面目で優しい人だし」と言い張る女の声である!!

 これが恋愛木っ端みじん族に沁みまくる。同族の方、聴いて損なし。ともに泣こう。

 ところが三浦祐太朗氏、2020年6月12日(金)にご結婚のニュースが。素晴らしいことだが、幸せソングばかり歌うハッピー野郎になってしまわないか心配だ。なにとぞ頼む。お願いします。結婚した後もこじらせハートブレイクソングを歌い続けてください!

●「さよならの向う側」(徳永英明)

大ヒットカバーアルバム「VOCALIST」シリーズ第6弾からの先行シングル「さよならの向う側」。徳永英明さん、神に選ばれし声を持つひとりだと思う。

 聴くと天国にもいけるが、地獄の3丁目あたりまで落ちることもできる徳永英明の「1/fのゆらぎ声」が「さよなら」の向う側にある「静寂」と「無」を感じさせる。

 ビールよりワインを相棒にリッスン・トゥ・ザ・ミュージックがオススメ。むちゃくちゃイイ男、いい女になった気分になれるはず。

●「冬の色」(南野陽子)

 季節とアイドル歌謡は最高の相性。この曲も初期の百恵ソングの名曲中の名曲なのだが、ナンノのカバーがこれまた超アイドルで良い。「秋からもそばにいて」とセットで聴くと、切なくなりすぎて呼吸困難になるぞ!

 思い出いっぱいの世代も、サブスクで初百恵の世代も。

 夢先案内人だった彼女のしなやかな歌声に乗って、胸騒ぎの旅に出よう。

 乗るのはもちろん、銀河大陸横断鉄道。レッツゴー・百恵トリップ!

田中 稲(たなか いね)
大阪の編集プロダクション・オフィステイクオーに所属し『刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる警察入門』(実業之日本社)など多数に執筆参加。個人では昭和歌謡・ドラマ、都市伝説、世代研究、紅白歌合戦を中心に執筆する日々。著書に『昭和歌謡 出る単 1008語』(誠文堂新光社)など。
●オフィステイクオー http://www.take-o.net/

記事提供:CREA WEB

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー