昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「経済的弱者はさらに弱者へと転落する」GAFAが牛耳る“コロナ後の世界”の暗すぎる未来

スコット・ギャロウェイ教授に聞く

 新型コロナの感染拡大が止まらない。全世界の感染者は2500万人、死者は85万人を超えている(9月2日現在)。

 2020年4~6月期のGDP伸び率が7月末に相次いで発表されたが、コロナの影響を大きく受け、アメリカが年率換算でマイナス32.9%、EUがマイナス40.3%、日本がマイナス26.3%となった。いずれもリーマンショック時を上回る下落幅だ。

 ところが、このような状況を後目に、7月末に発表されたGoogle、Apple、Facebook、AmazonといったIT界の巨大企業、いわゆるGAFAの決算は驚くべき数字になっている。

GAFAの株価はコロナでも高値

純利益の合計は286億ドル

 アップル、フェイスブック、アマゾンは増収増益を記録。グーグルを子会社に持つアルファベットは04年のグーグル上場以来初の減収となったが、それでも70億ドルの利益をあげた。

 アマゾンの売上高は前年同期比40%増の889億1200万ドルで、純利益は過去最高。アップルもPC、タブレットともに売上を伸ばし売上高は596億8500万ドル、フェイスブックも過去最高の利益をあげ、4社の純利益の合計は286億ドルにものぼっている。

 世界的なベストセラー「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」の著者であるニューヨーク大学スターン経営大学院のスコット・ギャロウェイ教授は「GAFAはますますパワフルになっている」と述べる。

中でも存在感を増しているアマゾン

「彼らは、莫大な資金を持っているので、他の企業が守勢に回らざるを得ない時でも攻撃的な姿勢をとることができます。ほとんどの企業は社員のレイオフや自宅待機を検討しているのに、GAFAは積極的に投資や買収を行っています。

 アマゾンは6月末に自動運転のスタートアップであるZooxの買収を発表しました。買収金額は12億ドルとも言われています。

 フェイスブックは4月にインドの大手携帯電話会社であるJioに57億ドルを投資しました。5月には動画の共有・検索サービスを手がけるGIPHYを4億ドルで買収したと報じられています」

スコット・ギャロウェイ氏 ©kazumoto ohno

 ギャロウェイ教授は、中でもパンデミックを経てその存在感を今まで以上に増しているのがアマゾンだと言う。そして、このことは必ず世界の未来に影を落とすことになると警告する。

「新型コロナによって、人々はこれまでスーパーで買っていた食料品もオンラインで買うようになりました。アマゾンはそこから莫大な利益を得ています。

 リモートワークを導入する会社が増えたので、ストリーミングのデータ量も増大しています。アマゾンウェブサービス(AWS)こそがその最大の受益者でしょう。

 新型コロナという地殻変動が起きたことによる変化の多くは、アマゾンへとつながっています」