昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「A子さんとの間に何が?」瑛太事務所の回答は……

 2人の間に何があったのか。8月13日、A子さんに話を聞いた。

A子さんの自宅から乗ったタクシーで、瑛太の自宅近くの公園へ。駐輪していた自転車を取りに来たようだ 撮影/細尾直人 ©︎文藝春秋

 A子さんに瑛太が自宅に来たかどうかを問うと「 家ですか……。家には入れていません」と否定。しかし、瑛太がA子さんの自宅から出てくるところを確認していると伝えると、家に入れたことを認め、こう話し始めた。

「(家に入りたいという瑛太に対し)ずっと断っていました。 奥さんがいることは知っていましたし『イヤです』と 。でも(瑛太は)酔っていらっしゃったので、家にあげてしまいました。家では何もありませんでした。初対面でしたし、奥さんがいらっしゃる方とは嫌なので」

 A子さんによると、自宅でも芸能界についての話をしていたという。

「お説教まではいきませんが、芸能界の厳しさについてお話されていました。家ではずっと起きていて、お酒も飲まずアイスを食べていましたし、ご家族の写真や動画を見せていただきました。(カエラは) 子供の面倒を見てくれて、ご飯も作ってくれて、感謝していると話してらっしゃいました」(A子さん)

自転車に乗って自宅へ 撮影/細尾直人 ©︎文藝春秋

 瑛太の所属事務所にも事実関係を確認したところ、以下のような回答があった。

「バー『X』には尊敬する吉田鋼太郎さんのお誘いを受けてマネジャーと向かいました。お連れの方がいるとは知らず、『X』でA子さんの紹介を受けました。A子さんが女優を目指していると知り、吉田さんのお知り合いでもあったので、力になろうと芝居の話などをしたと申しております。

 自宅の方向が同じなので帰りはタクシーでお送りしようとしたのですが、話足りないことがあったため、A子さんの自宅に行きました。話している途中に瑛太がウトウトしてしまい、A子さんに起こされ、『しまった』と思い、『ごめんなさい』と謝って自宅に帰ったようです。昨日、本人が奥様に事情を話し、奥様も納得してくださったと聞いています。誤解を招く結果となり、反省しております」

 自宅での様子について、「ずっと起きていた」というA子さんに対して、瑛太側は「ウトウトしてしまった」と意見が食い違う部分もあった。

 妻・カエラは「NIKKI」に瑛太への想いも綴っている。

《瑛太くんが目の前で死んでしまう夢を見た。悲しくて起きて、立ち直れなかった。朝それを伝えると「やめてくれよ」と笑って彼は言った。私の夢は予知夢的なことが多くて、怖いとも言っていた。現実にはならなそうな夢だったから「大丈夫だよ」と言った。目の前にいる、家族の姿を見て、あらためてしあわせだと感じると同時に、私はこの人たちを本当に愛していると思った。》

木村カエラ 撮影/細田忠 ©︎文藝春秋

 この日、バー「X」で飲んだ女性と夜を過ごした有名芸能人は瑛太だけではない。あの“大物独身芸人”が、美女を自宅に誘い込んでいたのだ——。(#3に続く)

 8月14日(金)21時から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

この記事の写真(34枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー