昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

B子とタクシーに乗ったA子がひとりでホテルに現れ……

 この日、山下がタクシーでホテルへ向かった約30分後、A子とB子、同席していたと思われる男性がバーから出てきた。その後、バーの前で待っていたタクシーにA子とB子が乗り込んだ。

 山下が宿泊するホテルにタクシーを横付けしたのが早朝5時30分過ぎ。B子はすでに帰ったのか、タクシーから降りてきたのはA子だけだ。A子はタクシーを降り、電話をしながらフロントを横切ってエレベーターで山下のいるフロアまで上がっていった。このホテルをよく利用するという芸能関係者が語る。

エレベーターへ向かう山下 ©文藝春秋

「このホテルは芸能人御用達で、よく大物芸能人とすれ違いますよ。最上階のスイートルームは1泊400万円以上。山下さんが泊まっていたラグジュアリーフロアの部屋も1泊約10万円近い値段がします。

 この日は帽子を被ってマスクをした山下さんを宿泊フロアで見かけました。山下さんは都内に住んでいるのでしょうし、こんなところに泊まるんだから女性と一緒なのかな、と思いましたが、1人で部屋に入っていきました。でも、昼頃に山下さんが入った部屋から女性が出てきたので、彼女と泊まっていたのでしょうね。ずいぶん若い感じの方でしたよ」

山下が宿泊する部屋から出たA子 ©文藝春秋

約8時間にわたってホテルに滞在

 A子がホテルに到着した約6時間後。午前11時過ぎに山下がエレベーターで降りてきた。山下はホテル内にあるコンビニで買い物をすると、すぐにタクシーへと乗り込んだ。用事を済ませてきたのだろうか。正午頃、山下は再びタクシーでホテルへ戻り、A子の待つ部屋へ入っていった。

ホテル内のコンビニで買い物をして、外へ出た山下 ©文藝春秋

 A子がホテルから出てきたのは13時頃だった。A子はタクシーに乗り込み、ホテルを後にした。その約5分後に山下もホテルを出発。山下とA子は約8時間にわたって、滞在していたことになる。