昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元広島・梵英心が“苦しんでいる”田中広輔に伝えたいこと

文春野球コラム ペナントレース2020

2020/09/02

 皆さん、初めまして。元広島東洋カープの梵英心です。

 2017年のオフにカープを退団した後は、社会人野球のエイジェックでプレーを続け、昨年現役を引退しました。現在は広島県福山市にあるJFE西日本野球部のコーチとして日々奮闘しています。

 エイジェック時代は栃木に住んでいて、年末年始くらいしか広島の実家に帰る機会はありませんでした。なので、今年の2月中旬から社員寮に泊まり込みでチームに帯同しているのですが、食堂に行くと選手たちがカープ中継を見ていたり、街中で買い物とかしていると声をかけていただくことも多くあり、そこで“広島だなぁ”と改めて実感しています。

 選手からも「菊池(涼介)の守備ってやばいですか?」「西川(龍馬)のバッティングってやばいですか?」「鈴木誠也ってやばいですか?」といったことを聞かれ、「そりゃやばいに決まってるでしょ」といったやりとりをしたり、上本崇司と一緒にプレーしていた選手や、他にも誰かの先輩後輩だったりする選手がいたりするので、必然的にカープの話題になることは多いですね。

田中広輔に今だからこそ伝えたいこと

 さて、今回は田中広輔について話していきたいと思います。

 社会人卒、ショート、一番打者、盗塁王、選手会長、膝の故障……。僕と共通点が非常に多い選手なので、気になってしまう存在です。

 正直なところ、今シーズンの広輔はかなり苦しんでいます。チーム状態が良ければ、多少数字が悪くても、ある程度ごまかしは効くと思います。しかし、チーム状況が悪いと、なかなか変わるきっかけを掴みにくかったりと厳しいはずです。

 監督、コーチ陣が入れ替わり、3連覇のメンバーも勤続疲労で調子が良くなかったりと、チーム環境が大きく変わった今。そんな中で選手会長になったということで、やっぱりチーム状況が良くないと、モヤモヤしてしまうこともあると思います。

田中広輔 ©文藝春秋

 僕が現役時代だった頃は、今とは状況が全く違いました。優勝争いから遠ざかっている中で回ってきた選手会長のバトン。一方で、広輔は常勝チームで、黄金期と言われている中で回ってきた選手会長のバトン。違うプレッシャーがあって当然なので、苦労が想像できます。

 自分のこと、チームのこと、野球界のこと、たくさんのことを考えないといけない立場。大変だとは思いますが、それでも必ずこの経験が生きてくるときが来ると思います。今は辛抱のとき。かと言って、あまり一人で抱え込まないでほしいですね。周りの選手をもっと頼って良いと思います。