昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

直井の友人が白状「直井には元モデルの妻がおり、さらに子供がいる」

 A子さんは交際を始めた当初、彼が既婚者であるとは思っていなかった。しかし、付き合いを重ねていくうちに「疑わしい点が多々出てきた」と振り返る。

「レクサスにチャイルドシートなどを積んでいたりとかはさすがになかったですが、私が毛皮のコートを着て車に乗ると、『痕跡残すね~』って、笑いながらも困った顔をしていました。私の家に遊びに来ていても、深夜1時、2時ごろになると必ず帰ってしまうんです。『家のベッドじゃないと寝られない』『朝は自分の部屋でなるべく空気を吸いたいんだ』って意味不明な理由を言ってました。なんかおかしいなと思い、彼の家に行きたいって雰囲気を出すと『今、文春に家をハリコミされているから』『バンプは女性ファンが多いから撮られるとバンドに迷惑かかる』って……。いい年したオジサンが恋愛しているところを撮られても、ファンは怒らないと思うのですが、うまく誤魔化されてしまいました」 

直井から貰ったプレゼント

 ちなみに文春オンライン取材班がこれまで直井氏の自宅周辺を張り込んだことはない。不審に思ったA子さんが直井の友人に詰め寄ると、友人は「直井にはモデルの妻がおり、さらに子供がいる」と白状したという。

「彼女はいないとは言ったけど、結婚のことは聞かれてない」

「それを聞いて、彼とすぐに話をしました。『私はあなたのことが好きだけど、結婚しているなら無理です、何で嘘ついたの?』って。彼は自己弁護に走り、『妻とはもう不仲だから』『別居している』と言い出し、『本当はもっと早く言いたかったけど、A子が見た目と違って真面目で言い出せなかった』って、決して謝ろうとしませんでした。

 私が呆れていると、『彼女はいないとは言ったけど、結婚のことは聞かれてない』って逆ギレしたんです。しまいには、『次付き合う人にはちゃんと結婚しているかも聞いたほうがいいよ』って謎の上から目線のアドバイス……。何でこんな人を好きになったんだろうって悔しくて涙が出てきました。

 別れ際に彼は、胸元に私の頭をよせて両手で私の髪をクシャクシャにして、『コレ、いつも子供にやってあげてるんだ』って。私が自分の子供と同じくらい大切だって意味のようですが、別れ際にそんなことするなんて、馬鹿にするにも程がある。ショックでした」

「抱っこ」「チューして」……生々しいLINEのやりとり

 A子さんのスマホには、直井との関係がうかがえる生々しいLINEのやりとりや写真が残されている。「抱っこ」「チューして」など直井の甘えるようなメッセージや「メイドさんの格好でオムライスを作って」「ドンキで女子高生ブレザーを買っといて」など、直井がA子さんにコスプレを求める文面も多数見つけることができた。

交際期間中のA子さんと直井のLINEのやりとり※A子さんは直井が既婚者だと知らされていなかった
交際期間中のA子さんと直井のLINEのやりとり※A子さんは直井が既婚者だと知らされていなかった