昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「そんな仕事してんじゃん!」「ならやってみろ!」AV女優の母は娘の反抗期をどう乗り越えたのか

2020/10/02

 AV女優という自分の仕事が小6の一人娘にバレたものの、娘は“よき理解者”として家族との関係を取り持ってくれるようになったと語る当真ゆきさん。しかし、その後、娘に反抗期が訪れて……。

 寺井広樹『AV女優の家族』(光文社新書)で語られたAV女優と家族の葛藤の一部を、抜粋して転載する。

インタビューで当時の心境を語る当真ゆきさん ©光文社

◆◆◆

「そんな仕事してんじゃん」高校で訪れた娘の反抗期

「娘は反抗期もずっとなかったんです。だけど、高校生の時に突然爆発的に来ちゃって、その時はほんと大変でした。高校に行かなくなっちゃったので、『高校くらいは卒業した方がいい』って一生懸命話してたんですけど、、『ママなんて高校卒業したって、そんな仕事してんじゃん』って言われて。一時期親子関係めっちゃくちゃになってましたね。『そんな仕事って、簡単な仕事って思うなら、今すぐ高校辞めてママみたいな仕事をしてみろ!』って話になって」

AV女優の家族」 光文社

──「売り言葉に買い言葉」になってしまったんですね。

「うち結構私が実践派タイプなんで。で、娘が『じゃあ、ママと一緒の仕事する』って言って、高校を辞めて風俗に入ったんです」

──えぇっ!?

「でも、いきなり風俗っていうのはちょっと抵抗があったのか、リフレで働き始めたんですね。そこに入って1か月くらいしたある日、LINEが届いて。『高校も卒業しないでごめんなさい』って。『どんだけ大変な仕事をして自分を育ててくれたかわかりました』っていう内容の長いLINEが来て、その時は私もうめっちゃ号泣しちゃいましたね。今でも思い出すとウルウル来ちゃうんですけど。それで、やっとわかってもらえて、親子関係も修復して、今は仲良しです。娘は今は20歳になって新橋のいちゃキャバで働いてるんですけど、色々仕事の悩みや相談を聞いたり、売り上げあがると『今月頑張ったよ』って連絡がきたりとか、そんな感じですね」

©光文社

──娘さんに仕事のアドバイスをされたりすることもあるんですか?

「あります、あります。あと、私のところに来るお客さんで話しやすい人とかに『新橋のいちゃキャバで娘が働いてるんだよね』って紹介して、お客さん回したりとか(笑)」

──母親が娘に風俗のお客さん回すって新しいですね(笑)。母娘2代でお世話されたんですね。

「そのくらいざっくばらんな関係ですね。親として、人として怒んなきゃいけない時は急に親になりますけど、そうじゃない時はほんとフラットですね。私と実家の母親がそうなんですよ、めちゃフラットなんで。娘もそれを見てるんで、こういう感じでいいんだみたいな風に多分思ってて」