昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/01

どこでもドアきっぷもGo Toトラベルで半額に

 JR西日本・九州・四国が販売するどこでもドアきっぷ(https://www.jr-odekake.net/navi/dokodemodoade-dokoikou_cp/)が注目されている。なにしろ価格が安い。JR西日本管内の新幹線・特急が2日間乗り放題で12000円~。最も高いJR西日本・九州・四国管内の新幹線・特急が3日間乗り放題で23000円~(いずれも6回まではグリーン車利用可能)である。同行程で2名利用というしばりさえクリアすれば、比類なき格安旅行が実現する。

 だが、驚くのはまだ早い。このどこでもドアきっぷとGo Toトラベルキャンペーンが併用できるのだ。ただし、以下のような条件がある。

(1)JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行など、どこでもドアきっぷを扱う旅行会社のJR西日本・九州・四国管内にある支店で購入すること。

(2)少なくともきっぷの有効期間のうち、1泊は上記の旅行会社できっぷと同時に宿泊の手配をすること。

特定の旅行会社での購入など、条件があるので注意 ©iStock.com

 裏を返せばこれがすべてである。読者のなかには、JR西日本・九州・四国管内に住んでいない人も多いだろう。その場合は、メールなどでクレジットカード番号を伝えて決済をした後、これらの旅行会社から発券したきっぷ類を自宅宛てに郵送してもらえばよいだけのことだ。ただし、この郵送の期間を考慮して少なくとも出発10日以上前には手配を完了させたい(受付の締め切りについては各支店に直接電話などで問い合わせたい)。

広島県旅行割引プラン+どこでもドアきっぷという裏技

 どこでもドアきっぷは非常に安いものの、首都圏在住者などは、どこでもドアきっぷのエリアまでの往復の交通費が別途必要になってくる。そこで広島まで広島県旅行割引プランのツアーで行き、そこを拠点にしてどこでもドアきっぷを利用して、西日本を縦横無尽に行きかうプランはどうだろうか。この場合、広島県旅行割引プランの宿泊と、どこでもドアきっぷ手配時に必要な宿泊が最低1泊は重複してしまうが、それでもなお、トータルの費用を考えれば劇的に安くなるだろう。