昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

心技体を考えると今年の高校生ナンバーワン投手

 さて、続いて推したいのは明石商業の中森俊介だ。左ではないが、未来のエースに成りうる器である。高校1年生時から甲子園でも登板、2年生ではエースとして甲子園春夏連続4強入り、最速は151キロのストレートにツーストライクからのストンと落ちるチェンジアップは打者にとって絶望しかない(甲子園交流試合対桐生第一戦、6回表先頭打者への決め球がわかりやすい)。

 が、僕が最も驚いたのは新型コロナウィルスの影響で野球ができなくなり、数ヵ月ぶりに見た兵庫県独自大会初戦のマウンドだ。久々で実戦感覚がない中、3イニングを投げて7奪三振ノーヒットに抑えた。一気に大きくなっていた下半身といくつ三振をとろうが緩まない表情に自粛中のたゆまぬ努力と精神的成長を感じた。

 そしてイーグルスには高校時代バッテリーを組んだ水上桂もいる。2、3年二軍で鍛えてからなんて言わず、ルーキーイヤーの夏あたりに一軍デビューさせてみるのもおもしろいんじゃないかな。

 心技体を考えると今年の高校生ナンバーワン投手だと考えている。

 最後は静岡商業の高田琢登投手だ。軸足にしっかり体重を乗せた美しい立ち姿はまさに辛島航、そしてそこからの豪快な腕の振りと角度は松井裕樹のような夢のある左腕、小学校ではサッカーチームに入団なんてまるで菅原秀ではないか! イーグルスの匂いしかしない彼は常時140キロくらいのストレートを投げ、スローカーブを使いこなし変化球も多彩だ。奪三振率も高く今年の高校生左腕ならトップクラス。2巡目までには消えそうな逸材。即戦力とはいかなくとも将来大化けするポテンシャルは充分に秘めている。

 最後におまけとなるが、個人的に忘れられない4年前の夏のエピソードをお話ししたい。

 仙台から帰阪した僕は新大阪駅で甲子園を終え地元に帰る高校球児達と出くわした。

「お疲れさん! ええチームやったね」みたいな言葉をかけたと思う。

 選手の誰かが「写真撮りましょう」と言ったので、その辺りにいた選手達が集まり写真を撮った。

「かみじょうさん、コイツとツーショット撮っといたほうがいいですよ!」

 半ば無理やりだったと思う。新幹線のホームで写真を撮った少年が早川隆久君だった。あの写真はいずこへ?(笑)。ただ僕はあの日、リュックを背負った彼が照れながらも写真に応じてくれたのをハッキリと覚えている。

 あの夏の日の思い出が運命となるのか?

 プロ野球ドラフト会議はまもなくだ!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/40609 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー