昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高校野球大好き芸人が考える、いま楽天が指名するべき選手――ドラフト会議2020

文春野球コラム ペナントレース2020

 ペナントレース残り十数試合、とうとうライオンズに追い抜かれてしまい単独4位になったイーグルス、もちろん最後の最後まで応援させていただくのだが、ペナントレース真っ最中に異例のビッグイベント「プロ野球ドラフト会議」があるではないか!

 未来のイーグルスを支える新戦力を真剣に考えなくてはならない! という事で高校野球大好き芸人の私が未来のイーグルスに必要な戦力を勝手に考えさせていただこうと思う!

 イーグルスが獲得すべき選手はこの選手だぁ!!

いまチームにもっともほしいのは、左の先発投手だ

 昨年のドラフトは今のところ成功といっていいかもしれない。ドラフト1位の小深田大翔はショートのレギュラーとなり、黒川史陽という将来の中心選手になる匂いしかしないダイヤの原石も獲得できた。

 小深田の獲得もあり、茂木栄五郎が帰ってきてもサード茂木、鈴木大地がファーストに入る形がしっくりくる。内野陣は充実し、主砲・浅村栄斗に黙っちゃいない銀次がいて、若手の内田靖人、山崎幹史、チャンスに強い渡邊佳明、ベテラン藤田一也。昨年の二人の加入により、内野でのレベルの高いレギュラー争いが繰り広げられている。

 外野陣に目を向けると、2年前のドラフト1位辰己涼介、彼も近い将来レギュラーを勝ち取れる存在だし、さらに今シーズン急速に打撃の何かを掴んだとしか思えない小郷裕哉もいる。レギュラーの島内宏明に田中和基がいて助っ人外国人もいる。つまりここ2年のドラフトでの野手獲得は大成功だといえるではないか。

 そう考えると課題はピッチャー。特に左の先発投手だろう。

 今年のドラフトでは将来のエース候補を獲得しなければならない。

 このピースにぴったりとハマる選手がいる。

 早稲田大学の早川隆久だ。

早川隆久

 ドラフト関連の雑誌等を見ても最初にカラーページで登場する目玉選手。競合はさけられないが、近年を振り返ってもイーグルスはドラフトでしっかり勝負する球団だから今年は早川投手でいくのではないだろうか。

 常時140キロ後半のストレートを投げ、スライダー、カットボール、緩いカーブ、チェンジアップなど変化球も多彩、軸足横に隠していた腕がいきなり上から振り下ろされてくるソフトバンク和田毅のような投げ方で球速があるのだからバッターにとって脅威だろう。そして球団にとって一番開花させたい藤平尚真と同い年とあって、ここを競わせて一気に二人の先発ローテーション誕生なんてのも夢ではない。1巡目の選択は早川隆久投手がいいのではないだろうか。