昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/17

「ワンクールのレギュラーより1回の伝説」

 江頭は「ワンクールのレギュラーより1回の伝説」という名言を残している。彼は安定した地位を得るよりも、人々に強い印象を残すことにこだわってきた。そのためには、瞬間瞬間を本気で生きるしかない。芸人として人を笑わせるのも、被災地にいる人々を支援するのも、彼の中では、思いついたことを全力でやっているだけ、という意味で同じことなのではないか。

 そんな彼の真摯な思いが、少しずつ世間にも伝わり始めた。その結果、江頭は熱心なファンをどんどん増やしていった。その流れの中で、満を持してYouTubeチャンネルが開設されたことで、大きな注目を集めたのだ。

 初期に公開された動画の中でも反響が大きかったのが、江頭がカラオケルームでブルーハーツの「人にやさしく」を歌う動画だ。人に優しくしてもらえない人に「ガンバレ」とエールを送る、というまっすぐな内容の歌詞は、まるで江頭自身が視聴者に送るメッセージのようでもあり、不遇な時代が長かった江頭自身を鼓舞するようでもある。

【動画】江頭2:50が「人にやさしく」を歌った回
 

 動画の中でも「歌は上手、下手じゃない。ここ(気持ち)なんだよ」と語っていた江頭は、その通りの気持ちのこもった歌いっぷりを見せて、視聴者の感動を呼んでいた。

江頭2:50の姿が私たちに問いかけるもの

 YouTuberとして成功するための法則については、すでにさまざまな人が多くのことを語っている。人気YouTuberの多くが共通して重要な要素として挙げているのが「本気で取り組む」ということだ。江頭はどんな仕事も本気で臨む真性のエンターテイナーである。そんな彼がYouTubeで成功したのは当然のことだった。

 江頭は、途方もない努力と覚悟によって、数々の伝説を残してきた。本気の思いだけが人の心を動かす。「俺はいつでも全力だ。お前はどうだ?」と江頭は私たちに問いかけてくる。生きる伝説・江頭2:50の挑戦は続く。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー