昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元TOKIO山口達也に高知東生が「一緒に依存症と闘おう」と呼びかけた理由

 アルコール依存症を疑わせるに十分な事件だった。

 9月22日、TOKIOの元メンバー山口達也はバイクで乗用車に追突。警察が駆け付けたところ、山口の呼気から基準値を上回るアルコールが検出され、酒気帯び運転の現行犯で逮捕された。山口は2018年、酒に酔った状態で女子高生に無理矢理キスをしようとして強制わいせつの疑いで書類送検されている(起訴猶予処分)。この事件によってTOKIOを脱退、ジャニーズ事務所を退所することとなった。

 当時からアルコール依存症が指摘されており、インタビューでは禁酒したと語っていたにもかかわらず、またしても酒が引き金となり事件を起こした。

山口達也

「山口さんの助けになりたい」

 山口に対して批判が集まるなか、「彼の助けになりたい」と声を上げたのが、俳優の高知東生。彼は自身のツイッターでこう呼びかけた。

〈山口達也さんの事故の件を聞き衝撃を受けている。「お前と一緒にするな」とバッシングを受けることは覚悟している。でも依存症は根っこは同じなんです。山口さん今度こそ俺達の自助グループに繋がって欲しい。山口さんの辛さや孤独を一番理解できると思う。周囲の皆さんどうかサポートの上繋げて下さい〉(9月22日付)

〈山口さん依存症の可能性が高いと思ったので俺も勇気を出してツイートしました。助けになりたいと心から願っています。
 そして助けにまわることで俺たちも助けられます。
 依存症は甘くない。一人では回復できない病気なんです。〉(同前)

高知東生氏

 高知は2016年6月、覚せい剤と大麻所持の現行犯で逮捕され、懲役2年、執行猶予4年の判決を受けたが、今年9月30日に執行猶予の満期を迎えた。

 高知は、月刊「文藝春秋」の取材に応じ、ツイートの真意を語った。

「依存症に完治という言葉はないし、偉そうに上から目線で語るつもりもありません。ただ、いま山口さんがどのように苦しんでいるか、僕にはよく分かります。山口さんには、僕と一緒に依存症克服のために闘って欲しい。彼に必要なのは依存症の経験がある仲間です」